マグミクス | manga * anime * game

ジオン兵も「ドン引き」? ガンダム世界の「兄妹ゲンカ」 非情な殺意で物語は終結へ

「機動戦士ガンダム」シリーズでは兄妹同士の争いがしばしば発生し、作品のクライマックスを彩ってきました。今回はその中でも印象深い、ふたつの争いを振り返ります。

ジオン軍の命運を決定づけた兄妹の争い

デギン公王をはじめザビ家の面々を立体化した、「ハロカプEX ザビ家の肖像セット」(メガハウス)
デギン公王をはじめザビ家の面々を立体化した、「ハロカプEX ザビ家の肖像セット」(メガハウス)

 ガンダム作品のなかでは、きょうだい同士の争いが物語のクライマックスへとつながっていく展開が描かれました。特に視聴者に強い印象を与えたふたつのエピソードを振り返ります。

 おそらくガンダムの世界で最も有名なきょうだい同士の争いは、『機動戦士ガンダム』でア・バオア・クー攻防戦の最中にキシリア・ザビがギレン・ザビを殺害した事件になるでしょう。ギレンが父親であるデギン・ザビ公王を謀殺したことが事件の直接の引き金となりましたが、もともとザビ家の家族仲は決して良好とは言えず、四男のガルマを除くギレン、キシリア、そしてドズル・ザビはそれぞれが子飼いの軍を持ち、権力闘争を繰り広げていました。

 ソロモン攻略戦の際にドズル・ザビが部下にキシリアへの援軍を求めるか尋ねた際「これしきのことで……国中の物笑いの種になるわ!」とはねつけたことからも、関係の悪さがうかがえます。

 それでも地球連邦という強大な敵を前に、ザビ家の面々はかろうじて協力関係を保っていましたが、家族皆に可愛がられていたガルマの死、そして圧倒的戦力で押し寄せてくる地球連邦軍の猛攻の前に、ついにほころびが生じてしまいます。

 ソロモンでドズルが戦死し、デギンがソーラ・レイの光のなかに姿を消し、残るはギレンとキシリアのみ。ギレンが身内を殺害する人間だと判明した時点で、キシリアにもはや選択権がありません。父殺しの大義名分を得た以上、自分が生き残るためにも先にギレンを殺すほかないのです。しかし用心深いギレンを殺すチャンスなど、それほど多くはないでしょう。

 そう、ギレンが眼前に迫る地球連邦軍の大軍勢との戦いに集中しているときしかないのです。

 このとき、ギレンがまったく警戒することなくキシリアを自分の後方の席に座らせたのは、人類の命運を分ける致命的なミスとなりました。おそらくギレンは、キシリアが自分のことを殺せるわけがないと完全に舐めていたのでしょう。

 頭脳明晰なギレンにとって、キシリアはおそらくさほどの強敵とは映っていなかったはずで、政敵として本格的に争えば、必ず自分が勝つという絶対的な自信がありました。それがそのまま油断となり、自らの死を招いてしまいました。

 激戦のまっただなかで「総帥の暗殺」という事件が起こり、ジオン軍の兵士たちには動揺が広がります。きょうだい同士の争いの果てに、士気と連携を失いつつあったジオン軍の命運が決定していったのです。

【画像】色んな意味で物語を終わらせた(?)兄妹で争ったガンダムキャラたち(4枚)

画像ギャラリー

1 2