マグミクス | manga * anime * game

2021年公開『SAO プログレッシブ』内容を推測 「ツンなアスナ」が観られる?

2021年公開の『星無き夜のアリア』は、アスナが主役?

『劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリア』場面カット (C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
『劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリア』場面カット (C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

 一方、アニメでは、第1話でクラインとの別れまでを描いた後、1か月後にスキップ。第2話では、第1層のボス攻略に挑む様子を描いているのですが、この内容は、『プログレッシブ』第1巻第1章の内容。つまり、劇場公開される『星無き夜のアリア』は、タイトルから推測する限り、テレビアニメですでに描かれているエピソードの再アニメ化ということになります。

 とはいえ、ベースになるエピソードは同じでも、テレビアニメの第2話とは異なる魅力を持った作品になることは間違いありません。なぜなら、特報第1弾映像を観る限り、今作で主人公的なポジションにいるのはキリトではなくアスナ。「ログアウト不可能なデスゲームで戦うことを決意する一人の少女の物語」というキャッチコピーも出てきますし、発表された第1弾キービジュアルでもアスナの方が前面に描かれています。

『プログレッシブ』の第1巻第1章は、キリト視点のパートとアスナ視点のパートに分かれているのですが、アニメ第2話は基本的にキリト視点のパートを元に構成されていました。おそらく『星無き夜のアリア』はアスナ視点のパートをベースに、アスナの思いに寄り添った作品となるのでしょう。ちなみに、キリトの嫁になり「キリト君、命」なアスナより、初期のツンツン気味なアスナが好きな人には、『プログレッシブ』のアスナはかなり刺さるはず。

 以上、まだ少ない情報を元に想像してみましたが、アニメ『SAO』のファンにとっては、次の新作の予定が決まっており、その放送や公開を楽しみにしている今の時間自体が幸せなはず。

 原作の『SAO』は、「アリシゼーション編」の続編にあたる最新シリーズ「ユナイタル・リング編」が刊行中で、『プログレッシブ』も最新第6巻までで到達しているのは、アインクラッド第6層まで。未アニメ化エピソードがたっぷりある上に、まだまだ増えていくのは間違いないだけに、『SAO』ファンの幸せな時間はしばらく尽きることがなさそうです。

(丸本大輔)

【画像】アスナの表情に注目、場面カット

画像ギャラリー

1 2 3