マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃 遊郭編』第7話見どころ 「最凶のお兄ちゃん」声優が判明

2021年12月にスタートした、アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』。「無限列車編」を経て、ついにスタートした新たなストーリー。その第7話であり、1月16日に放送された「変貌」をレビューします。

妹ふたりの「変貌」と、ついに登場したお兄ちゃんに注目

TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』キービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』キービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 2022年1月16日、TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の第7話「変貌」が放送されました。今回の注目点は、2組の兄妹の共演です。前回第6話に続き気になるあの「お兄ちゃん」の声優も判明しました。

●禰豆子と堕姫それぞれの「変貌」

 第6話「重なる記憶」で、上弦の陸・堕姫(だき)への怒りから覚醒した禰豆子。暴れ狂う姿は、まさに鬼気迫る様子でした。堕姫を蹴りつけ、帯で細切れにされても動じず、自身の特殊能力(血鬼術)で燃やす。常にマスコットキャラ的な存在だった禰豆子の「変貌」は、彼女が鬼という危うい存在であることを思い出させてくれました。

 禰豆子を正気に戻そうと、炭治郎は彼女に子守唄を聞かせます(ちなみに、彼は音痴という公式設定があります)。彼の歌声に禰豆子が思い出したのは、遠い昔の母・葵枝(きえ)との思い出でした。声優を務める桑島法子さんの、炭治郎とは似ても似つかない美しい歌声に聞き惚れるのはもちろん、その切ない描写に胸が締め付けられます。

 ちなみに、聞きなじみのない子守唄の題名は「小山の子うさぎ」といい、佐賀の子守唄のようですね。

 同じく「変貌」といえば、堕鬼の表情の変化にも注目でした。前話まではどちらかというと冷酷で残忍な鬼という印象だったのに、今回は驚いたり泣きわめいたりと子供めいた面を見せました。この落差を演じ切る、声優・沢城みゆきさんのすごみを感じているところ、ついに第7話最大の「変貌」を垣間見ることになります。

●お兄ちゃん、妓夫太郎の声優は逢坂良太さん!

 音柱・宇髄天元にあっさり頸を斬られた堕姫。その身体から出てきたのは、彼女の兄・妓夫太郎(ぎゅうたろう)でした。第6話の謎の剣士と同様に、誰が声を演じるのかは謎のまま始まった第7話。その声の主は、逢坂良太さんでした。

『はたらく魔王さま!!』の真奥貞夫、『ダイヤのA』の沢村栄純など、数々の代表作を持つ逢坂さん。妓夫太郎の第一声では、地面をはうようなおどろおどろしい震え声を発し、一瞬で視聴者に「あ、これは妓夫太郎の声だ」という納得感を与えてくれました。

 一瞬で斬りかかる宇髄の攻撃さえかいくぐり、傷を負わせる妓夫太郎。その実力者っぷりは、後半の見どころをすべて持っていくほどの存在感でした(妻が3人いるという宇髄に怒り心頭になる様子は「善逸と同じやんけ!」とツッコんだ人も多いのではないでしょうか)。

 いよいよ「遊郭編」におけるラスボスが登場した、アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』。ここから先は炭治郎、伊之助、善逸、宇髄VS堕姫、妓夫太郎が入り混じる、激しい戦闘シーンのオンパレードが楽しめることでしょう。

※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記

(サトートモロー)

1 2