マグミクス | manga * anime * game

ニカと同等?『ワンピース』エリザベロー2世の「キング・パンチ」がヤバすぎ!

『ONE PIECE』の登場キャラ、エリザベローII世が放つ「キング・パンチ」が再注目されています。1時間の精神集中を要する上に当たりづらい大技ですが、ネット上では「パンチというか爆弾」「ロマンのある技」と称賛の声が続出。最強で最高のロマンが詰まったエリザベローII世の大技、キング・パンチについて振り返ります。

キング・パンチの威力はどれほどのものなのか(画像:写真AC)
キング・パンチの威力はどれほどのものなのか(画像:写真AC)

 人気マンガ『ONE PIECE』は、最終章に突入してさらに勢いに乗っています。最近は、ルフィの持つ「ニカ」の能力も公になりましたが、そのニカの力と同等の強さでは? と再注目されているのが、「ドレスローザ編」で登場したエリザベローII世の放つ「キング・パンチ」です。

「ワノ国編」でルフィたちとカイドウ&ビッグマムの戦いが盛り上がるなか、かつてキング・パンチが「当たれば四皇をも打ち沈めると言われる」と、説明されていたことがネットで話題になり、「実際のところどれくらい強いのか」と議論が巻き起こりました。「パンチというか爆弾?」「安易な技名に恥じない強さ」と、ファンの間でも評価の高い必殺技です。

 ちなみに、まずキング・パンチを放つためには1時間の精神集中と、ウォーミングアップが必要です。そして、入念な準備をするだけあって、たった一撃で衝撃波が遠距離まで達するすさまじい破壊力の大技ではあります。しかし、パンチ後はスキだらけになってしまう上、そもそもパンチ自体が当たりづらいというウィークポイントも……。ただ、ネット上では「その(命中率の)バランスが絶妙」「当たれば倒せるという最高のロマン」となかなかの人気です。また、力をためきる前に放つ、「ライト版キング・パンチ」もあるため、「この手のロマンチャージ技にしては破格の性能してる」と、彼の強さを信じるファンが多数います。

 キング・パンチを放つエリザベローII世はプロデンス王国の国王で、「生まれながらの破壊兵器」「戦う王」などの異名を持ちますが、実は戦争は避けたいと考えている穏やかな性格。同じく戦いは最小限という考え方だったドレスローザ前国王のリク・ドルド3世に国を助けられた過去があり、彼を「盟友」と慕っていました。またドフラミンゴの手下であるシュガーにおもちゃの姿に変えられてしまった際は、ウソップに助けられています。そして、エリザベローII世はウソップとリク王への恩返しも兼ねて、ドフラミンゴと戦うことを決意。義理堅く、仲間思いの一面もあることが分かります。

 そんな性格面も含め、ネット上では「王様をやらせておくのが惜しいくらいのパンチ」「ちゃんと王としての有能さもある。最高の王様!」など称賛の声が続出。1時間をどう稼ぐか、味方の強力は必須で確実性は低いですが(バルトロメオとのタッグを期待する声も)、最終章でエリザベローII世がキング・パンチを強者相手にさく裂させる瞬間を見てみたいものです。

(マグミクス編集部)

1 2