マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』悪魔の実の上位互換が話題 「マグマグ」は「メラメラ」より強い?

マンガ『ONE PIECE』には、不思議な能力を授ける「悪魔の実」が登場します。これまでさまざまな悪魔の実と、それらを使う能力者たちが登場してきましたが、実は悪魔の実のなかには、「上位互換・下位互換」とよばれるものが存在するようです。

公式が悪魔の実の「上位関係」について言及!

「メラメラの実」の能力者、ポートガス・D・エースが表紙を飾る『ONE PIECE Log Collection “ACE”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)
「メラメラの実」の能力者、ポートガス・D・エースが表紙を飾る『ONE PIECE Log Collection “ACE”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)

 人気マンガ『ONE PIECE』を語るうえで欠かせない「悪魔の実」には、「上位互換・下位互換」とよばれるものが存在します。原作の第573話で、「メラメラの実」の能力者、ポートガス・D・エースに対して、「マグマグの実」の能力者である海軍大将・サカズキが「お前はただの火 わしは火を焼き尽くすマグマじゃ!!」「わしと貴様の能力は完全に上下関係にある!!!」と、語る一幕がありました。

 このことから、「マグマグの実」は「メラメラの実」の上位種であることが判明しましたが、他にはどのような悪魔の実が上位互換・下位互換になるのか、ネットで考察する人が増えています。

※この記事は『ONE PIECE』の単行本未収録、未アニメ化の内容を含みます。

 実は悪魔の実の上位関係については、『ONE PIECE』79巻のSBS(質問コーナー)で言及されたことがあります。その時に書かれた尾田栄一郎先生のコメントによると、「悪魔の実の上位種は確かに存在する」そうで、「マグマグの実>メラメラの実」の他に、「トントンの実>キロキロの実」「ヒエヒエの実>ユキユキの実」「ブキブキの実>スパスパの実」が紹介されていました。

 まず「トントンの実」と「キロキロの実」は、どちらも自分の体重を自在に変えられる能力です。最大1万キロまでの体重を操れる「キロキロの実」に対し、「トントンの実」は自分の体重を数万トンまで変化できます。そのスケールの大きさから、「トントンの実」が「キロキロの実」の上位種であることがわかるでしょう。

 また、刃物限定の「スパスパの実」と比べ、あらゆる武器になれる「ブキブキの実」はバリエーションの面で優れています。また「ヒエヒエの実」はあらゆるものを氷結させる氷結人間、「ユキユキの実」は雪を操る雪人間になれる能力ですが、雪は氷によって凍結させられるので「ヒエヒエの実」が上位種であるといえます。

 その他、ネットでは「『ガスガスの実』にできて『モクモクの実』にできないことないよね」「『モチモチの実』は『ゴムゴムの実』と『ベタベタの実』の上位のはず」「『グルグルの実』は『シャリシャリの実』に圧勝でしょ」と、いろんな悪魔の実の「上位下位関係」が話題になっています。とはいえ、そもそもの基礎戦闘能力や、習得後の訓練や工夫、そして「覇気」が強さを左右する側面もあるので、悪魔の実自体は下位でも、本人が弱いとは限りません。

 ちなみに、最近ネット上では、黒ひげ海賊団の面々が続々と能力者化したことに付随して、「ヴァン・オーガ―の『ワプワプの実』は、ブルーノの『ドアドアの実』の上位互換では?」という話題が注目の的になりました。ただ、確かにどちらも移動系の能力ではありますが、「ドアドアの実」は別空間で移動しているだけで、決して「瞬間移動」しているわけではありません。対して「ワプワプの実」はその名の通り「ワープ」できる能力のため、「そもそもドアドアとワプワプは同じベクトルの能力じゃない気がする」「範囲内の他人もワープさせられるし、『オペオペの実』に近いのでは」などの反論もあがっていました。

 最終章では、新キャラやこれまで能力が不明だったキャラの悪魔の実がどんなものかにも、注目が集まっています。まだ登場していない能力には、何があるのでしょうか。

(マグミクス編集部)

【画像】能力が特殊過ぎ? 何が上位か下位かわからない『ONE PIECE』キャラたち(6枚)

画像ギャラリー