マグミクス | manga * anime * game

『ワンピ』の「ラフテルは海王類の体内」説が話題 「見つからないのは納得」

最終章に差し掛かっている『ONE PIECE』では、未だに最終目的地である島「ラフテル」の場所が明かされていません。さまざまな考察が飛び交っているなか、ネット上では「ラフテルは大型海王類のなかにあるのでは?」という議論が盛り上がっていました。これまでに登場した地理条件やセリフなど、同説の裏付けを見ていきましょう。

見つからない理由は「移動している」から?

海賊王ロジャーはどこでラフテルを見つけた? 『ONE PIECE Log Collection “ROCKET MAN”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)------------------------
海賊王ロジャーはどこでラフテルを見つけた? 『ONE PIECE Log Collection “ROCKET MAN”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)————————

 人気マンガ『ONE PIECE』(著:尾田栄一郎)は、物語が最終章を迎えていますが、最終目的地である「ラフテル」の場所は、まだ明かされていません。「海底説」「南極説」などこれまでさまざまな説が考察されてきましたが、最近は「ラフテルは大型海王類のなかにあるのでは?」という議論がネット上で盛り上がっていました。

「ラフテル」とは、「偉大なる航路(グランドライン)」の最後の島と言われています。数多の海賊たちが探す「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」がある場所とされており、世界政府が誕生してから800年の間にたどり着いたのは、海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団のみで、海賊王を目指すルフィの最終目的地とも言える場所です。

「世界に4つ点在する『ロードポーネグリフ(歴史の本文)』に記された地点を結んだ場所にある」と言われており、まだ4つめのロードポーネグリフがどこにあるかも不明なため、現状はラフテルの場所の特定はできません。しかし、ロジャーたちしかたどり着いた者がいない場所のため、「単にどこにあるか分からないだけでなく、分かっても相当な実力や特殊な条件がないと、たどり着けないのではないか」とも考察されています。

 そんななか、「大型海王類の体内にある説」の根拠として挙げられているのが、「麦わらの一味が『カームベルト』を本格的に冒険したことがない」という点でした。カームベルトは他の海とグランドラインの間にあるふたつの海域で、「風が全く吹かない」上に、「大型海王類の巣」であるため、海軍などの特殊な技術がないと横断できない危険地帯です。

 ルフィたちだけでなく、他の多くの海賊も海流が上がっていく山「リヴァース・マウンテン」を通ってグランドラインに入るしかないのは、このカームベルトが原因でした。第101話でうっかり一味がカームベルトに入ってしまった際は、見開きで超巨大海王類が大量に出てくる場面が描かれています。ゴーイングメリー号が小さな模型に見えてしまうほどの、規格外サイズの海王類の頭に乗り上げてしまい、ルフィたちは命からがら逃げ出しました。

 これまで、言及されたことも少ないカームベルトですが、ロードポーネグリフが指し示すラフテルの場所が不明なため、「入って探すことすら困難なカームベルトが怪しい」「カームベルトに入ってすぐ、ザバッと出てきた奴らはまだ小さい方だと思う。海底にもっととんでもないサイズの、海王類がいるかもしれない」「カームベルトの存在が明らかになったのが101話で、クロッカスが初めてラフテルの存在に言及したのが105話と、時期が近い。この時はまだ尾田先生も、こんな超長期連載になるとは考えてなかっただろうし、マジで『ラフテル=海王類の体内』説はありえそう」と、いろんな意見が出てきました。

 また、海賊王のクルーだった医者・クロッカスが、クジラのラブーンのなかに居住スペースを作っていたのも「伏線ではないか」と考えられています。『ONE PIECE』では巨大生物の上や体内が舞台になるシーンが多く、「ゾウ」という国も本当に巨大な象「象主(ズニーシャ)」の上に存在していました。「空島編」では大蛇・ノラの体内で黄金を発見したこともあり、「生き物の『体内』は、今後も何かある気がする」と考える人も多いようです。

 その他にも、「クロッカスがラフテルについて語っているときに、『出てくる島のイメージ』に空が描かれていない」「ロジャーは海王類の声を聴くことができた」という描写も、「ラフテルは海王類の体内」説を支えています。

 ちなみに、原作者・尾田先生が監修した映画『ONE PIECE STAMPEDE』では、「海賊王のお宝」として、「ラフテルのエターナルポース(針が永久に特定の島を指し続ける指針)」が登場。さらに、ラフテルは「エターナルポースがないと、もう二度と行けない」ということが、明らかになりました。「ロードポーネグリフが解読できれば、場所が分かるはずなのに、エターナルポースがないと行けないってどういうことだ?」と、疑問に思う人もいたようです。

 この劇場版『STAMPEDE』に登場した「エターナルポース」に関して、2017年から『ONE PIECE』の原作担当編集を務め、2019年以降はメディア担当をしている内藤拓真さんがインタビューに答えています。内藤さんはこのエターナルポースに関して、スタッフ一同が尾田先生に何度も確認を取った上で登場させたことを語り、「この映画だけの突拍子もないお宝ではないんです」と発言していました。

 この「ラフテルのエターナルポース」が本編にも登場するのかは、まだ分かりません。しかし、上記の情報も「もともとカームベルトのどこかにあった島・ラフテルを、『島食い(リトルガーデン沿岸にいた巨大金魚の海王類)』みたいな海王類が丸ごと飲み込んで移動しているから、エターナルポースが必要なのでは」「エターナルポースがないと、カームベルトに入っても、どの海王類が飲み込んでいるのか分からないんだろう」と、「ラフテルは海王類の体内にある」説のさらなる根拠となっています。

 その他、「ジョイボーイと仲良かった、しらほし姫の先代の『古代兵器ポセイドン(海王類と会話して自在に操ることが出来る力を持つ人魚)』が、世界政府がラフテルを見つけないように、海王類に頼んで飲み込んでもらったんじゃないか」「熱を出したバギーがラフテルに連れて行ってもらえなかったのも、治癒を待っていたら海王類の体内に入るタイミングを逃すからでは」と、いろんな意見が生まれているようです。

 いずれ明らかになるであろう「ラフテルの場所」は、果たしてどこなのか、数ある『ONE PIECE』の謎のなかでもトップクラスの注目を集めています。そして、見つけたロジャーたちが大爆笑し、「ラフテル(LaughTale)」と名付ける理由となった「ワンピース」の正体も、気になるところです。

(マグミクス編集部)

【画像】海王類の体内にラフテルがあるなら? 必要なメンツは誰だ!(6枚)

画像ギャラリー