マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』ゾオン系に「神様」? 今後登場するかもしれない「悪魔の実」に意見飛び交う

『ONE PIECE(ワンピース)』では「ワノ国編」終盤でルフィの「悪魔の実」が「ゴムゴムの実」ではないことが明かされました。この展開によって、「ゾオン系のモデルが、もはや動物じゃない」と話題を集めています。では今後、どんなゾオン系の「悪魔の実」が登場するのでしょうか。

まだ出ていない、意外な「悪魔の実」も

ルフィの「悪魔の実」がゾオン系と判明! 「ONE PIECE Log Collection “SKYPIEA”」(エイベックス・ピクチャーズ)
ルフィの「悪魔の実」がゾオン系と判明! 「ONE PIECE Log Collection “SKYPIEA”」(エイベックス・ピクチャーズ)

『ONE PIECE(ワンピース)』の世界には、さまざまな「悪魔の実」が登場します。「悪魔の実」による能力者同士で繰り広げられる激しいバトルは、いつもファンを楽しませていることでしょう。そんななか、ゾオン(動物)系の「悪魔の実」について「動物って縛りはなくなったのか?」と疑問の声があがっていました。

※この記事には「ワノ国編」終盤以降の内容を含みます。

 これまで「ゴムゴムの実」はパラミシア(超人)系と分類されていました。しかし、「ワノ国編」で描かれた、カイドウとの戦いのなかで覚醒したことにより、実際は「ヒトヒトの実」でゾオン(動物)系に分類されることが明らかになりました。

 初期エピソードではゾオン系の「悪魔の実」は、ドルトンの「ウシウシの実 モデル:バイソン」、チャカの「イヌイヌの実 モデル:ジャッカル」といった実在する動物や、マルコの「トリトリの実 モデル:不死鳥(フェニックス)」など、空想上の動物がモデルとされていました。

 しかし、センゴクの「ヒトヒトの実 モデル:大仏」や、ルフィの「ヒトヒトの実 モデル:ニカ(太陽神)」が明かされたことによって、「動物」だけではなく、「神」がゾオン系に含まれることが発覚しました。では今後のエピソードで、モデルの「悪魔の実」のモデルが登場するのでしょうか。

 今後、登場しそうなゾオン系の「悪魔の実」について、カイドウの「ウオウオの実 モデル:青龍」が、大きなヒントになりそうです。「青龍」といえば中国神話から日本に伝わった、四神の獣として広く知られています。「青龍」が登場したのであれば、今後の流れとして「朱雀」「玄武」「白虎」が登場してもおかしくはないでしょう。さらに読者からは、四神を束ねる存在として君臨する「黄龍(麒麟)」が登場する可能性もあげられていました。

 しかし、本当に四神の獣がモデルとなる能力者がいるのであれば、それはいったい誰になるのでしょうか。「モデル:青龍」の能力者がカイドウのため、ほかの能力者もカイドウ並みの強者や地位を持っている、と考えるのが妥当でしょう。読者の間では、「五老星くらい地位が高い人物」と考える人が多いようです。

 また『ONE PIECE』には、たびたび和テイストのデザインが用いられることがあります。そこから考えられているのが、日本神話より国産みの神様とされる、「イザナギ」と「イザナミ」の存在でした。これまで、「モデル:大仏」や「モデル:ニカ(太陽神)」、「モデル:大入道」などが登場していることを考えると、「イザナギ」「イザナミ」レベルの存在が登場しても違和感はありません。

 なお、ゾオン系の「悪魔の実」には、比較的すぐに思いつきそうな「サルサルの実」(モデル:サル)や「ゴリゴリの実」(モデル:ゴリラ)などの登場がありません。人間に近いはずのサルやゴリラが「悪魔の実」として登場しないのは、何か意図があるのでしょうか。

(マグミクス編集部)

【画像】クセ強っ! 個性豊かな動物系「悪魔の実」の能力者たち(4枚)

画像ギャラリー