マグミクス | manga * anime * game

夜道雪さん&平川新士さんに聞く『マロナの幻想的な物語り』の魅力と新人声優のお仕事

セルフプロデュースで自分の道を切り開く

犬のマロナは、歴代の飼い主によってさまざまな名前をつけられていた
犬のマロナは、歴代の飼い主によってさまざまな名前をつけられていた

──有名声優も続々と参入し始めているYouTubeという世界において、夜道さんは先駆者であり成功者でもあります。他のメディアとの違いやYouTubeならではの難しさは、どういったところにあるのでしょうか?

夜道 YouTubeで活動する場合に難しいのは、出演のみに注力すれば良いわけではなく、企画や撮影から編集まで、基本的に自分ひとりで担わなければならないことです。動画をアップロードする曜日や時間などにも、もちろん気をつかいます。例えば、モバイルを通した視聴者が多い場合、動画視聴は大容量通信になりますので、通信制限にかかりやすい月末に新作をアップロードすると、その分だけ不利になる可能性がありますよね。

──「ただ楽しそうな動画を上げる」のではなく、総合的なセルフプロデュースを行っていく必要があるというわけですね。

夜道 そうだと思います。いわゆるコンプライアンスの面でも、本当に気をつかいます。例えば、私はバイクが好きで、バイク関係のお仕事をいただいたりもしています。その私の動画に、ふとした油断であっても道路交通法に抵触する場面が映っていたりしたら、お世話になっている多くの方に御迷惑をおかけする結果にもなりかねません。

──若い声優さんにお話を伺う度に思うのが、これまでの年代の方にはあまり見られない、セルフプロデュースの巧みさです。

夜道 理詰めというか、なるべく客観的に自分を見つめながら、自分自身の頭で考えて道を切り開いていく必要があると考えています。私が一時期、髪の毛の一部を赤くしていたのは、青色がベースのSNSの画面上でなるべく映えさせるためだったんです。ネットでの活動は継続性も重要ですし、この先もできることをなるべく継続していきたいですね。

──おふたりの活動や映画に興味を持った方に、メッセージをいただけますか?

平川 犬の一生と人の一生、アーティスティックな映像とリアリスティックな脚本、この四つが絶妙に調和した作品です。幼い頃の僕に親友同様の犬がいたように、犬との想い出をお持ちの方が、皆さんの中にもたくさんいらっしゃると思います。そんな方の心には、より響く内容だと思います。ぜひ、ご覧になってください。

夜道 私は小さい頃に、大きな犬にお気に入りの赤い手袋を、片方食べられてしまいました(笑)。それでも、犬が嫌いだと思ったことは一度もありません。いつも親しんでいる日本のアニメとは全く違う表現ですが、同じように素晴らしい、犬を主人公にした映画です。『マロナの幻想的な物語り』を、これからもぜひよろしくお願いします。

(取材/構成:香椎 葉平)

※映画『マロナの幻想的な物語り』(吹替版、字幕版)は全国順次公開中です。

(C)Aparte Film, Sacrebleu Productions, Mind’s Meet

【画像】映画『マロナ』の映像美。犬の一生を通して「幸せ」のあり方問いかける(15枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4