マグミクス | manga * anime * game

妙な説得力のある『鬼滅の刃』のトンデモ考察たち「本当の黒幕は三郎爺さん」説!?

『鬼滅の刃』をめぐる数々の考察。単なる“こじつけ”と思われるものから、「そこまで読むか!」と思わず納得してしまうものものまで玉石混交。そんな『鬼滅』考察の中から公式に否定されてもなお素直に「面白い」と思えるトンデモ考察をご紹介します。

深読み大国ならではのめくるめく『鬼滅』考察の世界!

著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第1巻(集英社)
著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第1巻(集英社)

 ネットには『鬼滅の刃』(以下、鬼滅)をめぐる実に興味深い考察があふれています。原作の終了とともに、そうした考察の多くは空振り(=的中せず)に終わってしまいました。ただし作品への考察はそれ自体価値があり、的中したかどうかはさほど重要ではありません。本稿ではネットの海から一見トンデモ系のようの思えたものの、多くの反響、そして展開があったものをピックアップ。『鬼滅』とともに勃興した在野のインテリジェンスに触れていきたいと思います。

※以降、作品内容について触れていますので、原作やアニメを未読未視聴の方はご注意ください。

●本当の黒幕は……三郎爺さんだった説

 三郎爺さんをお忘れの方もいらっしゃるかもしれませんが、アニメ第1話で夜遅くに家へと帰ろうとする炭治郎を「鬼が出るぞ」と注意し、泊めてくれたあのお爺さんです。なぜか彼を“鬼舞辻無惨側の黒幕”とする説が一時期ネットで飛び交っていました。根拠としては「政府非公認の組織である鬼殺隊の存在を知っていた」「鬼とのつながりを示唆する日傘を大量に作っていた」などが挙げられており、少なからず信ぴょう性を持たせようとする意志が伺えます。

 さらにこの説は意外な展開をみせます。「三郎爺さんが鬼側に立つメリットがないのでは?」というもっともな反論がなされ沈静化するかと思いきや「三郎爺さんは鬼舞辻無惨の父親であり無償の愛だったのでは」という極めて興味深い新説が登場するに至り、再び盛り上がりをみせました。原作における、三郎爺さんの再登場でこの長きにわたる“濡れ衣”は晴れたのですが、なかなかどうしてアクロバティックな考察だったのではないでしょうか。

●伊黒小芭内は「女性? 男性?」論争

 キャラクターの性別をめぐる考察はこれまでもさまざまな作品で行われてきましたが『鬼滅』では蛇柱・伊黒小芭内が対象となりました。『鬼滅』履修済の人からすればトンデモ説もいいところかもしれませんが、伊黒が登場した頃はある程度の説得力を持っていたのです。「伊黒小芭内女性説」の根拠としては、そもそも伊黒のビジュアルが中性的であること、原作の1コマでバストがあるかのように描かれていたこと、名前に用いられる漢字が女性的であること、などが挙げられていました。「三郎爺さん=黒幕説」と比べるとやや論拠が弱い気もしますが、この論争がしばらく熱を帯びた背景には「伊黒が男である証拠」も乏しかったためです。この考察が生まれたのは伊黒のバックボーンが明かされる前であり、わずかな判断材料をもとに白熱した論争だったと言えます。

●『鬼滅』のキャラクターは十二支の動物をモチーフにしている?

 これに関しては今なお公式が否定も肯定もしていないので、考察としては上記ふたつと違い「現役」です。鬼殺隊の階級が十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)で表されていることや、「禰豆子(ねずこ)」や「伊之助(いのすけ)」など十二支を彷彿とされるキャラクターが登場することを端緒に発生したもので、少なくとも無関係ではなさそうです。いざ『鬼滅』の主要キャラを十二支に当てはめていくと「どうしても何名か余ってしまう」という壁にぶつかるのが玉に瑕。しかし、それがまた「解釈の余白」を生んで、今なお考察は深化しています。不思議な言い方となりますが、まだまだ新展開がありそうな“オススメの考察”域です。

●伊之助のイノシシの被り物は育ての親のものでは?

 もっとも意外な展開を見せた考察はこちらでしょう。彼の出自をめぐる予想とともに生まれたのがこの仮説。当初は『ポケットモンスター』(任天堂)に登場するカラカラの設定(カラカラというポケモンは親の頭骨を被っている)に絡めた、半ばジョークのように語られていた説のはずが、だんだんと信ぴょう性を帯び始めます。そして……まさかの「公式設定」であることがのちに判明。トンデモ考察だと思っていた側が反省する事態となりました。

* * *

 いわゆるオタクカルチャーにおいて、二次創作が作品愛をクリエイティブへと発揮したものだとすれば、考察は作品愛をアカデミックに昇華したものと言えるかもしれません。冒頭でも述べた通り考察それ自体が「面白い」ものであれば、是非を問わず、そこには価値が発生しています。骨の髄まで楽しみ尽くす、それだけの魅力が『鬼滅の刃』にはあるのです。

※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記

(片野)

【画像】「考察」が「公式」設定に!小ネタが続々

画像ギャラリー