マグミクス | manga * anime * game

ジャニーズが主題歌を担当したアニメ4選 「匂わせ」にファン騒然

ジャニーズのアニソンと言えば『忍たま乱太郎』の「勇気100%」などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? 意外にも、ジャニーズはアニメとのなじみが深いようです。ジャニーズが主題歌を担当したアニメを4作品ご紹介します。

ジャニーズとアニメの深い絆

著:秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第63巻(集英社)
著:秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第63巻(集英社)

 ジャニーズと言えば、ドラマの主題歌を歌う、というイメージが強いのではないでしょうか。意外にも、ジャニーズはアニメの主題歌も担当しています。『忍たま乱太郎』のオープニングテーマ曲として有名な「勇気100%」は、人気と知名度がともに高く、多くの人にとってなじみ深いアニソンです。この記事では、ジャニーズが主題歌を担当したアニメを4作品ご紹介します。

●アラシ(嵐)「ナイスな心意気」:『こちら葛飾区亀有公園前派出所』ED

 嵐の初めてにして唯一のアニソンです。2002年1月から同年7月まで起用されていました。まっすぐな歌詞とポップな曲調が絶妙で、気楽に明日から頑張ろうという活力を与えてくれます。また、アーティスト名が「嵐」ではなく「アラシ」というクレジットで表記された、唯一の楽曲でもあります。

●Kis-My-Ft2「光のシグナル」:映画『ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』主題歌

 2014年3月8日に公開された映画『ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』の主題歌です。きっと多くの20代にとって懐かしい、と感じる楽曲ですが、Kis-My-Ft2が歌っているのは知らなかった、という人もいるのではないでしょうか。聴くと、新しい冒険に出たくなる、前向きに頑張りたいときに聴きたい楽曲です。

●V6「CHANGE THE WORLD」:『犬夜叉』

 初代OP曲で、『犬夜叉』の歴代主題歌のなかでも代表的な楽曲です。2000年10月から2001年7月まで起用されていました。現在でも、犬夜叉ファンとV6ファン(Vファン)の両方から、多くの支持を受けています。アイドルらしい爽やかさが、アニメの世界観にマッチした楽曲です。

●SixTONES(ストーンズ)「NEW ERA」:『半妖の夜叉姫』

 2000年に放送開始されたアニメ『犬夜叉』の続編である『半妖の夜叉姫』の主題歌を、再びジャニーズのアーティストが担当するということで話題になりました。

 2020年10月から2021年3月までを担当した第1クール目のOP曲です。主題歌を担当することが発表されるまで、双方の公式SNSなどで「匂わせ」がされて話題になりました。和楽器などを用いたイントロが、戦国時代と現代を行き来しているかのようで、アニメの世界観にあった、疾走感あふれる楽曲です。

 また、初めてSixTONESが主題歌を担当した『富豪刑事 Balance: Unlimited』では、初回放送時に事前告知やアーティストクレジットを出さないまま放送され、視聴者がざわつく事態になりました。

(マグミクス編集部)

【画像】ジャニーズが主題歌を担当したアニメをもっと見る(5枚)

画像ギャラリー