マグミクス | manga * anime * game

アムロ相手にまさかの大金星も? ガンダムを撃破寸前だった「意外な機体」とは

ガンダム史に残る名パイロットのアムロ・レイは、ライバルのシャアでさえ手がつけられないほどの強さを誇りますが、実はガンダムに乗りながら敗北寸前だったこともあります。今回はアムロのガンダムが負けそうになった「意外なジオン機体」を振り返ります。

アムロの乗るガンダムに「あと一歩」のところまで迫った機体たち

アムロとガンダムが表紙に描かれる、『機動戦士ガンダム II』(角川スニーカー文庫)
アムロとガンダムが表紙に描かれる、『機動戦士ガンダム II』(角川スニーカー文庫)

 ガンダム史上最強パイロットとしてまず名前が挙がるのは、やはりアムロ・レイでしょう。『機動戦士ガンダム』でガンダムに乗り込んで以来、幾多もの戦いを経て、圧倒的な強さを見せつけました。

 そんなアムロにとっての好敵手といえば、ジオン軍のシャア・アズナブルやランバ・ラル、ララァ・スンといった名前が挙がりますが、実は「意外な機体」に苦戦を強いられたこともあります。今回はアムロの乗るガンダムを「あわや撃墜」まで追い詰めたジオン機を振り返ります。

●タマネギ形のヘンテコメカに大苦戦!

 ガンダムの操縦に不慣れだった序盤以降、第18話でアムロにかなりのピンチが訪れます。偶然ジオンの採掘基地を発見したアムロは、ガンダムで単騎攻撃を仕掛けました。

 そのときジオンの基地から出撃してきたのが、モビルアーマー「アッザム」です。

 モビルアーマーとは名ばかりで、タマネギ形の移動砲台に接地用ダンパーがあるだけのシンプルな機体に見えますが、実は複数のメガ粒子砲や、飛行するためのミノフスキークラフトまで備えています。しかも、この機体を操縦していたのはマ・クベ大佐で、キシリア・ザビも同乗していました。

 そのアッザムが空中から放った「リーダー」と呼ばれる砂状の粒子が、ガンダムの機体表面に付着します。その後、ガンダムを複数のワイヤーの檻に閉じ込めて電磁波を発生させたことで、ガンダムは高熱磁場に包まれました。

 このときガンダムの表面温度は4000度にも達し、機体の保護機能が自動的に作動。パイロットと回路を守るため、全エネルギーの98%を放出することになりました。

 思ったより高熱磁場が弱まるのが早かったので、アムロは難を逃れることができましたが、もう少し早くマ・クベが追撃を行っていたら結果は変わったはずです。

 それにガンダムに優秀な自動保護機能がなければ、最初の時点でパイロットのアムロは致命的なダメージを負っていたことでしょう。

●「大金星」目前だった宇宙用モビルアーマー

 第31話に登場したモビルアーマー「ビグロ」も、ガンダムを相手に惜しくも大金星を逃した機体です。

 トクワン大尉が乗り込んだビグロは、アムロのGスカイとセイラのGブル・イージーを相手にしながら持ち前の高機動、高火力で圧倒します。途中カイのガンキャノンの援護を得て、アムロはガンダムに換装し、ビグロとの直接対決に臨みました。

 その戦いのなかで、高速移動中のビグロの機体下部に、ガンダムの腕部が偶然引っかかってしまいます。そのままガンダムは引っ張られ、ビグロの生み出す強烈な加速度によってアムロの意識はブラックアウトしました。

 パイロットのトクワンは、ビグロに何か付属物がついたことに気づくと、クローアームでガンダムをつかみます。しかし、そのときの衝撃によって気を失っていたアムロが間一髪で目を覚まし、至近距離からビーム・ライフルを放ってビグロは爆散しました。

 もしアムロが目を覚まさなかったら、ガンダムはビグロのメガ粒子砲の餌食になっていたでしょう。

【画像】「えっ…? 意外」これが「アムロにも勝てそうだった」ジオン軍機です(5枚)

画像ギャラリー

1 2