マグミクス | manga * anime * game

【漫画】吉祥寺駅で男子中学生が出会った花屋のお姉さん、涙のハグ… 過去の切ない恋とは

東京・吉祥寺が地元の男子中学生は、駅前でおしゃれな花屋さんを見つけました。そこできれいな女性店員ににっこり笑いかけられてドキドキ。その後、文化祭で大量の花が必要になり、再び花屋さんを訪れ……。イラストレーター・漫画家のriokaさんのマンガがほろ苦い物語です。

女性が母校と井の頭公園を避けていた理由は?

おしゃれな花屋さんにいたのは、きれいなお姉さん(riokaさん提供)
おしゃれな花屋さんにいたのは、きれいなお姉さん(riokaさん提供)

 東京・吉祥寺の井の頭公園周辺が地元の男子中学生・佐藤くんは、駅前でおしゃれな花屋さんを見つけました。そこできれいな女性店員ににっこり笑いかけられてドキドキ。その後、文化祭で大量の花が必要になり、再び花屋さんを訪れると、店員のお姉さんが花を学校に運んでくれることになり……。

 イラストレーター・漫画家のriokaさん(@moorioka)による創作マンガ『吉祥寺できれいなお姉さんと出会うお話』がTwitterで公開されました。本作は「まんがタイムきららフォワード」にて連載中の『中央線沿線少女』の第1話。『中央線沿線少女』は、中央線沿線のさまざまな街での人間模様が描かれた短編集です。

 今回の吉祥寺の物語では、過去の切ない恋を胸に秘めた女性と、その女性が気になる男子中学生が描かれ、読者から「すごく良い」「これが青春なのか」「少年、がんばれ!」「続きが気になる」「井の頭公園でボートデートしましたが、その時の彼は旦那様になりましたよ」などの声があがりました。

 作者のriokaさんに、お話を聞きました。

ーーriokaさんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。

『中央線沿線少女』の商業誌での連載を始めたきっかけは、芳文社の編集者さんが、私がコミケやコミティアで発行していた同タイトルの創作同人誌(イラスト集)を見てお声がけくださったからです。

 マンガは学生時代、賞に応募しても全く引っ掛からなかったので適性がないと思っていまして、ずっとイラストレーターとして活動しておりましたが、編集者さんがたくさんお話作りを教えて下さるとのことで、せっかくなら挑戦してみようと思いました。

ーー物語の舞台に中央線沿線を選ばれた理由を教えて下さい。

 個性のある街が多いので。

ーー第1話となる『吉祥寺できれいなお姉さんと出会うお話』はどのようにして生まれましたか?

 吉祥寺にあるおしゃれな花屋と、井の頭公園の失恋エピソードからです。歳は少年より上ですが、吉祥寺のお話に出てくるお姉さんは噂を信じてしまう弱い女性です。『中央線沿線少女』1巻後半でお姉さんの正体と真実が分かるので、1巻を最後まで見ていただくことをおすすめします。うまくいかないことがあっても生きていかなきゃならない等身大の女の子を描きたかったです。

ーー第1話に対する反応で、特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

「少年が生意気だ」というご意見もあったのは意外でした(苦笑)。あと、井の頭公園の弁天池のお話はあくまで噂ですので……。気軽に遊びに行ってくださいね!

『中央線沿線少女』単行本3巻が発売中(芳文社)
『中央線沿線少女』単行本3巻が発売中(芳文社)

ーー『中央線沿線少女』の単行本3巻が発売中です。見どころなどをご紹介いただけますか?

 個人的に気に入っているお話は御岳山のお話と後半の武蔵小金井、東小金井のお話です。こちら無料配信はないのですが、ぜひ通しで読んでいただけますと幸いです。御岳山は宿坊に取材に伺いました。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 今後は同人誌とTwitterにもマンガを出していけたらなと思いますが、連載商業作品自体は雑誌やアプリ、単行本での掲載が主軸となると思います。また、本来のイラストレーターとしての活動もしていきたいと思っております。

 Twitterで新規にマンガを描き起こすとなるとやはり大変ですので、リツイートやいいね数、温かいメッセージなど反響次第です。マンガは特に労力がかかるので、たくさんの方に喜ばれて見ていただけるものを作りたいです。

(マグミクス編集部)

【マンガ】「この公園でデートすると…」井の頭公園のジンクスを気にしていた女性は… 本編を読む

画像ギャラリー