マグミクス | manga * anime * game

「ジャブロー」という地名は実在する?『ガンダム』地理の架空とリアルを比較

ガンダムシリーズ作品では、宇宙、月面、地球とさまざまな場所でバトルや政争が行われます。リアルな世界観のなかで登場する地名に耳馴染みのあるもの、ないものが混在しています。そこでガンダム作品で気になる地名について、実在するのか架空なのかを調べて比較しました。

ガンダム作中の「激戦地」は実在?

『機動戦士ガンダム』と『THE ORIGIN』では、ジャブロー編とオデッサ編の順番がストーリー上、逆になっている。画像はマンガ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第15巻(原案:矢立肇・富野由悠季、著:安彦良和/KADOKAWA)
『機動戦士ガンダム』と『THE ORIGIN』では、ジャブロー編とオデッサ編の順番がストーリー上、逆になっている。画像はマンガ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第15巻(原案:矢立肇・富野由悠季、著:安彦良和/KADOKAWA)

 リアルな世界観のガンダムシリーズに登場する地名は、耳馴染みのあるものとないものが混在しています。果たして、これらはリアルに存在する場所なのでしょうか? 今回は、ガンダム作中の地名と実在の場所や名前を比較してみたいと思います。

●オデッサ作戦にまつわる「オデッサ」と「ベルファスト」

 アニメ『機動戦士ガンダム』で、地球連邦軍が発動した「オデッサ作戦」。これはジオン軍の地球最大の鉱物資源基地を守るマ・クベの本拠地への総攻撃作戦で、ホワイトベース隊も参加しました。『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』では、ベルファストから、ジブラルタル海峡を経由してオデッサへ向かっています。この戦いでアムロは黒い三連星やシャア専用ザクを撃破。連邦軍の勝利に終わっています。

 まず「ベルファスト」はイギリス・北アイルランドに実在します。現在、人口は約28万人で、ベルファスト城や博物館、政府庁舎など歴史的な旧跡が多く、観光地としても人気です。ちなみに、かの有名な客船「タイタニック号」はここで建造されました。

 そして「オデッサ」もウクライナ南部に実在します。人口は約99万人の黒海に面した港湾都市。オデッサの象徴で観光名所のひとつ「プリモルスキーの階段」は上から下まで142メートルある巨大な階段です。

 ちなみに米国テキサス州にもオデッサという地名がありますが、こちらは鉄道建設に従事したロシア人労働者が故郷ウクライナのオデッサに風景が似ていることから命名したそうです。

●コロニーが突き刺さった「ダブリン」

 アニメ『機動戦士ガンダムZZ』で、エゥーゴのアーガマは地球連邦政府高官に会うため地球の「ダブリン」に向かいます。ブナ屋敷で高官に接触するブライト・ノアでしたが、歓迎されないうえ、高官はネオ・ジオンのハマーン・カーンと和平交渉をすると言います。

 やがて、ネオ・ジオンは地球に被害を与えるため、チカラの誇示のためコロニー落としを敢行。連邦に阻止する術はなく、エゥーゴやカラバはわずかな市民を救出することしかできず、街に突き刺さるコロニーの姿に恐怖しました。

 またこのダブリンでは、ブライトらがカミーユ・ビダンと彼を看病するファ・ユイリィとも邂逅。アリアス・モマのバウに襲われたガンダムチームに思念でアドバイスを送り救ったのはカミーユでした。

 劇中で、ブライトの口から、イギリス勢力圏のダブリンに向かうという主旨の発言があることから、こちらは実在するアイルランドのダブリンのことを指しているものと思われます。

 現在のアイルランドの首都ダブリンは人口54万人といわれ、治安が良くヨーロッパでも観光向きの街。ひとつの都市には珍しく、クライストチャーチ大聖堂と聖パトリック大聖堂のふたつの大聖堂があり、後者は800年以上の歴史がある観光の人気スポットです。

【画像】「現実にジャブローを作ったらいくらになる?」サンライズ協力のもと算出した書籍(4枚)

画像ギャラリー

1 2