マグミクス | manga * anime * game

今はもう作られない?『ワンピース』のファンが認めたアニメオリジナル回の魅力

『ONE PIECE』のアニメが始まって20年以上。その間、実に多くのアニメオリジナルストーリーも製作されました。果たして、原作ファンからも支持の高いアニオリエピソードはどれなのでしょうか。

鉄壁要塞「ナバロン」から脱出しろ!

オリジナルエピソードも多かったアニメ初期の『ワンピース』 (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
オリジナルエピソードも多かったアニメ初期の『ワンピース』 (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 アニメ『ONE PIECE(ワンピース)』(原作:尾田栄一郎)は、1999年10月20日の放送開始からすでに20年以上が経過しています。2021年11月21日の放送回で記念すべき1000話を達成し、ここまで原作と呼吸を合わせて並走してきました。

 そんなアニメでは冒険に区切りがつくごとに、原作にはないオリジナルストーリーが挿入されてきました。連載の間隔調整など、さまざまなタイミングで差し込まれてきたオリジナルストーリーは話数にして150近くもあります。原作のキャラを活かしたパラレルストーリーもあれば、数か月に渡って放送された完全オリジナル編もありました。果たして、『ONE PIECE』ファンからの反応はどうだったのでしょうか。今回は原作ファンにも受け入れられたアニメオリジナルストーリーを紹介します。

●脱出!海軍要塞編

 エネルを倒し、空島を後にしたルフィたち。原作だとそのまま「ロングリングロングランド編」へと向かいますが、アニメでは海軍要塞編へというオリジナルストーリーに突入します。

 舞台はグランドラインに存在する海軍の鉄壁要塞「ナバロン」。ルフィたちは赤犬に通じる知略家の司令官ジョナサン中将に追われることになります。のっけから海軍になりすまして遁走し続けるテンポ感もさることながら、後述のサンジの料理エピソードなどバトル以外における各々の能力を改めて粒立てる演出も、のちの「デービーバックファイト」への前振りとしてほどよく機能していました。

 また要塞という閉鎖空間のなか、徐々にルフィらを追い詰めていくジョナサン中将の策略にもワクワクします。脚本は上坂浩彦さん、島田満さん、武上純希さん、菅良幸さんと『ワンピース』の脚本家陣営が、まるでリレーのように交代で担当されており、アニメオリジナル編でも屈指の人気エピソードといえるでしょう。

1 2 3