マグミクス | manga * anime * game

隊服の着崩しがかっこいいキャラ3選 「ちょっと違う」だけなのにあふれ出るオーラ

「隊服」や「制服」を着たキャラは凛々しさが増して、かっこよく見えます。これにアレンジが加わると、かっこよさは何十倍にもなりそうです。そんな、ファッションセンスが光る素敵なキャラを3人ご紹介します。

隊服を着崩し、異彩を放つキャラたち

「隊服」や「制服」を着ているキャラは私服とは違ったかっこよさがあります。そして、それを見事に着崩しているキャラのかっこよさは計り知れません。そんな、「隊服」や「制服」の着崩しがかっこよすぎるキャラを3人ご紹介します。

●宇髄天元『鬼滅の刃』

著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第9巻(集英社)
著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第9巻(集英社)

 音柱の称号を持つ、二刀流の剣士です。元忍びで隠密活動での情報収集や潜伏任務を得意としています。口癖が「派手に」というほど、派手なことが大好きです。面倒見のいい兄貴肌で、一度実力を認めた相手には気さくに対応します。

 筋肉で、はちきれんばかりの上着に、ボンタンのようなパンツという組み合わせです。ほかの隊士と違った袖のない隊服からのぞく、丸太のような二の腕がとてもたくましいです。派手なファッションセンスから、読者の間で「派手柱」と呼ばれていますが、その派手さが良い、宇髄天元ならではの着崩しが最高です。

●京楽春水『BLEACH』

著:久保帯人『BLEACH』第25巻 千年血戦篇6 双肩(集英社)
著:久保帯人『BLEACH』第25巻 千年血戦篇6 双肩(集英社)

 護廷十三隊の元八番隊隊長にして、現護廷十三隊総隊長を務めています。好きな食べ物は酒まんじゅうと酒で極度の女好きです。ひょうひょうとした性格をしていますが、真実を見極めることに長けていて、いざというときは冷静に的確な判断を下せる人物です。

 長髪でひげをたくわえた、やさしいおじさんという見た目で、隊長の羽織の上に女物の着物を羽織る、というかなり奇抜なかっこうをしています。京楽春水にしか出せない独特の色気は、この奇抜なファッションセンスによるものなのかもしれません。

●佐野万次郎(マイキー)『東京卍リベンジャーズ』

著:和久井健『東京卍リベンジャーズ』第3巻(講談社)
著:和久井健『東京卍リベンジャーズ』第3巻(講談社)

 東京卍會の総長で、無敵と言われるほどの格闘センスと、ずば抜けたカリスマ性を持っています。お子様ランチに旗が立っていないとすねてしまうほど、子供のような性格をしています。しかし、ひとたびケンカが始まると「味方でよかった」と感じてしまうほど、圧倒的な力で敵をなぎ倒していきます。

 特攻服をただ肩から羽織っているだけという、シンプルなアレンジです。しかし、そんな単純なアレンジだけとは思えないほどのオーラをかもし出しています。マイキーでなければ、シンプルなアレンジでここまで目を引くことはないでしょう。

(マグミクス編集部)

【画像】消防士と忍びの個性的な隊服を見る(5枚)

画像ギャラリー