マグミクス | manga * anime * game

メガネなヤンキーキャラ3選 スイッチが入ると誰も止められない!?

不良マンガは迫力あるケンカシーンが最高です。また、ヤンキーたちのなかであまり登場しない、メガネキャラたちも負けず劣らず、強くてかっこいい人物ばかりです。この記事ではケンカが強いメガネキャラを3人ご紹介します。

レンズの奥からのぞく、鋭利な眼光

著:和久井健『東京卍リベンジャーズ』第19巻(講談社)
著:和久井健『東京卍リベンジャーズ』第19巻(講談社)

 ヤンキーと言えば激しいケンカがかっこいいです。なかでもメガネをかけている強キャラは、メガネを外したときのギャップがたまりません。メガネをかけたヤンキーを3人ご紹介します。

●灰谷竜胆『東京卍リベンジャーズ』

 灰谷竜胆は水色と金色のメッシュが入った、かなり個性の強い髪型が特徴的です。関節技が得意で竜胆と対戦した相手は必ずと言っていいほど足や腕を折られています。兄の灰谷蘭の凶暴性が有名すぎて、あまり目立っていない竜胆ですが、ある意味蘭よりも敵に回したくない相手かもしれません。

 また、ケンカは強くないですが、持ち前の頭脳を生かした戦略で花垣武道たちを苦しめた稀咲鉄太も魅力的です。タイムリープする武道の行く手を阻んだ稀咲が原因で多くの人生が絶たれてしまいます。橘日向への、狂気にも近い歪んだ愛情が多くの人生を狂わせたのです。しかし、その一途すぎる想いは稀咲を嫌っている読者ですら胸が痛くなる、悲しいシーンでした。

●中島信助『クローズ』

 1年生ながら黒焚連合の幹部にまで上り詰めたエリートです。高校生とは思えない顔とメガネから「PTA」というあだ名がつけられています。中島の頑丈さは折り紙付きで、主人公の坊屋春道が驚いたほどです。また、新四天王のなかでもトップと言っていいほどの強さを誇る人物でもあります。

●梅宮音弥『ジョーカーZERO~ギャングロード~』

 クレーンゲームであとちょっとで取れる、というところに邪魔が入ります。数人の不良がからんできたのです。ゲームの邪魔をされた梅宮音弥は、キレて返り討ちにしてしまいます。それをきっかけに、不良チームの抗争に巻き込まれることになるのです。

 音弥はただの一般人、にもかかわらずケンカセンスが抜群な人物です。ただクレーンゲームをやりたいだけだったのに、ことごとく邪魔が入るので少し不憫に思えます。しかし、スイッチが入るともう止まりません。どんな敵でも真正面から着実に倒していくのです。ただの一般人が渋谷を制覇するのも夢では終わらなそうです。

(マグミクス編集部)

【画像】ヤクザなメガネキャラを見る 怖いけど放っておけない存在に(4枚)

画像ギャラリー