マグミクス | manga * anime * game

ガンダムファンの「アムロ派orシャア派、どっち派」論争 大人になったら意見変わる?

『ガンダム』の二大英雄アムロとシャア。あなたはどっちが好きですか? 大人になって見返してみたら、意見が変わったという人も。この記事ではアムロとシャアの魅力を解説します。

「ガンダム」ユニバースの大英雄といえば

アムロとシャアの対決はひとつの時代の終わりだった。画像は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』DVD(バンダイビジュアル)
アムロとシャアの対決はひとつの時代の終わりだった。画像は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』DVD(バンダイビジュアル)

 あなたは「アムロ派」ですか、それとも「シャア派」ですか? 「ガンダム」ファンなら誰でも参加できる論争ですが、実は奥深いものがあり、年齢によっても意見が異なるかもしれません。成熟したファンは子供時代の英雄をどのように見るのでしょうか? あらためてアムロとシャアの魅力に迫ります。

●ちょっと内向的なメカオタクが戦士に成長する!

 アムロといえば『機動戦士ガンダム』の主人公です。リアルタイムで視聴していた人は数々のピンチを乗り越えて戦うアムロに夢中になっていたことでしょう。

 突然戦争に巻き込まれ、たまたま操縦できたという理由で、軍人でもないのに「ガンダム」で戦うことを強要され、口答えしたら張り倒される。頑張りを認めてくれないから家出する。そんな「等身大の主人公」が強敵と戦って強くなっていくのが好き!という人は多いのではないでしょうか。

 しかし、あらためてアムロのパイロットとしての技量や成長速度を見ると、凄いというよりも「怖い」と感じる人が多いようです。12機のリックドムを3分もかからずに全て撃墜したり、とんでもない反応速度で攻撃したりと、ジオンから「白い悪魔」と呼ばれたのも分かります。

 特にスピンオフ作品で『ガンダム』ユニバースが広がって作品の解像度が高まるほど、アムロの特異性が際立ちます。こうなるとアムロはメカオタクの等身大主人公ではなく、異常なセンスを持ったエースパイロットです。

 シャアと比べると成人後のパーソナリティを深堀りされていないこともあって『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、観客がアムロに感情移入したり共感したりするのは難しく感じるかもしれません。

 地球連邦軍のまっとうな組織人として、またエースパイロットとして成長したアムロは頼もしく、未熟な少年っぽさは全くありません。

●圧倒的に強いライバルと思いきや…シャアの強さと脆さ

「赤い彗星」の異名を持つジオンのエースパイロット、シャア・アズナブル。その正体は革命家ジオン・ズム・ダイクンの遺児キャスバル・レム・ダイクン、まさに金髪の貴公子です。赤い専用モビルスーツでアムロを翻弄したり、裏でザビ家への復讐を企てたりと出番も多く、シャアのスマートなかっこよさに魅了された人も多いでしょう。

 しかし大人になってからシャアを見ると、思った以上に悩んでいるシーンが多いことに気づきます。革命家の遺児であることの重責や、シャア・アズナブルの名前にまつわる周囲の期待、アクシズのハマーン・カーンとの確執など、多くのしがらみにとらわれており、しかもそれを割り切ることができません。

 たとえば、ガルマを謀殺した後、バーで彼の訃報を聞いていましたが、復讐の高揚感とはほど遠い印象です。もしかしたらガルマを裏切ったことを後悔していたのかもしれません。

【画像】意外と多い!アムロのガンダム以外の歴代搭乗機(6枚)

画像ギャラリー

1 2