マグミクス | manga * anime * game

心の準備を…『進撃の巨人』ついに完結! 残酷で美しい世界観に「映画以上」「最高にしびれた」

『進撃の巨人 The Final Season 完結編(後編)』が2023年11月4日に放送され、約10年にわたり放送されたTVアニメシリーズの幕が閉じられました。ネット上では放送前から盛り上がる一方「終わってほしくない」と名残惜しい声も見られました。そんななかで放送されたフィナーレには、どのような声が集まったのでしょうか。

迫力ある演出や泣けるシーンで「感情が追いつかない」

エレンの求めた「景色」とは TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season完結編』キービジュアル (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
エレンの求めた「景色」とは TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season完結編』キービジュアル (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

 2023年11月4日(土)24時よりTVアニメ『進撃の巨人 The Final Season 完結編(後編)』が、NHK総合にて放送され、10年にわたる『進撃の巨人』シリーズがついに完結を迎えました。

※この記事には『進撃の巨人The Final Season 完結編(後編)』の内容を含みます。

 長い年月を経ての「完結」についてファンからは「とうとうラストか……」「(冒頭から)すでに泣きそう」といった、さまざまな声が聞かれます。放送元のNHKでは11月4日午後6時05分から「アニメ『進撃の巨人』× 100カメ 完結直前カウントダウンSP」が放送され、エレン・イェーガー役の梶裕貴さん、ミカサ・アッカーマン役の石川由依さん、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈さんといった声優陣が『進撃の巨人』への想いを語りました。

 YouTubeチャンネル『ぽにきゃん-Anime PONY CANYON』では「『進撃の巨人』放送直前生放送FINAL」と題したライブ配信が行われ、すでに80万回視聴(11月5日午前3時現在)を超えるなど、本作への注目度の高さをうかがわせます。

 多くの期待を受けた本作は放送前にもかかわらずXに「進撃の巨人」「進撃リアタイ」「進撃待機」がトレンドインし、「楽しみすぎる」と心待ちにするファンが多い一方で、「私の青春が終わる」「なんか感慨深い」と完結を惜しむ声も挙がっていました。

 ついに始まった最終回では、「地鳴らし」で巨人による人類の虐殺を続ける主人公エレン・イェーガーと、それを止めるために立ち向かうエレンの幼なじみであるミカサ・アッカーマンとアルミン・アルレルトをはじめ調査兵団・マーレ戦士一同の戦いが描かれます。エレンが引き連れた「歴代の九つの巨人」と戦う迫力のあるシーンに、SNS上では「皆かっこよすぎる」「映画並みの迫力」と興奮する声があがっていました。

 また、「九つの巨人」の威力に一同が危機的な状況に陥るなか、飛行できる巨人と化したマーレの戦士候補生ファルコ・グライスが登場するシーンも圧巻です。救世主のように現れたファルコに「もはやファルコが主人公」「イケメンすぎる」と絶賛の声が多くあがっていました。巨人との戦闘シーンは「ミカサとアニ、ジャンとライナーそれぞれの連携が最高」と、かつて敵対した者同士の熱いコンビネーションも見どころです。

 そんななかストーリーの転機となったのは、始祖ユミルに取り込まれることで接触したジーク・イェーガーとアルミンの会話でした。「生きる」という意味を見出せないジークがアルミンの言葉に心を動かされるシーンに胸を熱くしたファンも多いことでしょう。

 特に、アルミンのいう「何でもない大切な一瞬」が、彼にとっての「木の葉」、ジークにとっては「野球ボール」と見える対比演出に「鳥肌が立った」「天才すぎる」などと、ファンに強烈な印象を残したようです。その一方で、大の大人であるジークが真剣に砂遊びしている様子について「ジワジワくる」「砂の城のクオリティが高すぎて笑う」と、シュールな構図に笑ってしまったファンも見受けられました。

 その後、「昔」を思い出したジークは、リヴァイ・アッカーマンの前に姿を現してすぐに首を切られてしまいます。SNS上では「リヴァイはやっとエルヴィンとの約束が果たせた」「ジークが改心しても容赦ないリヴァイはさすが」と、因縁の相手とついに決着をつけたリヴァイを労うコメントが多く見られました。

1 2 3