マグミクス | manga * anime * game

カギは「ゲルググ」? ジオンの大失策か「ニュータイプ兵器を小出しで投入」の謎を読み解く

アニメ『機動戦士ガンダム』の中で、ジオン軍は強力なニュータイプおよびその乗機を、1度に1機ずつしか出撃させていません。そのため結果的に各個撃墜されてしまいました。なぜ兵力の逐次投入をしたのでしょうか。

読み解く鍵はシャアの「ゲルググ」

メガハウス「ガンダムガールズジェネレーション 機動戦士ガンダム ララァ・スン」 (C)創通・サンライズ
メガハウス「ガンダムガールズジェネレーション 機動戦士ガンダム ララァ・スン」 (C)創通・サンライズ

 アニメ「ガンダム」シリーズの「ニュータイプ」といえば、いざパイロットを務めれば未来予知にも近い「直感」を働かせて、光速に近いビーム兵器を回避し、ビットのような遠隔操作兵器も操るという、軍事的な観点からは非常に強力な存在です。

 シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』のジオン公国軍には、「ララァ・スン」や「シャリア・ブル」、そしておなじみ「シャア・アズナブル」といったニュータイプのパイロットが所属し、それぞれ「エルメス」「ブラウ・ブロ」「ジオング」というニュータイプ専用モビルアーマー(MA)/モビルスーツ(MS)に搭乗して戦います。これら兵器には「サイコミュシステム」と呼ばれる、無線で遠隔操作可能な無人攻撃ポッド「ビット」や、有線でコントロールする腕部ビーム砲などといったニュータイプ専用兵器が搭載されており、ミノフスキー粒子でレーダーが効かないこの世界では対応困難な「オールレンジ攻撃」を仕掛けてきます。

 特に「エルメス」のビットは感知も困難で、地球連邦軍の宇宙艦艇は、ほぼ何もできずに撃沈される様子が描かれていました。

 このように強力なニュータイプ専用MA/MSとニュータイプパイロットではあるものの、物語において戦場に投入されるのはいつも1機ずつでした。そして、普通に戦えば連邦軍にできることは何もないほどの戦力でありながら、ニュータイプとして異常覚醒を遂げたアムロが操縦する「ガンダム」を相手にすると分が悪く、ビットや有線ビーム砲はビーム・ライフルで撃墜され、接近戦を挑まれて撃破されるのです。

 アムロの「ガンダム」を中心とする「ホワイトベース」のモビルスーツ隊が高練度なのは、特にシャアは熟知しているはずであり、兵力を逐次投入すれば各個撃破されるかもしれないことは、シャアも頭にあったことでしょう。

 ではなぜ、ジオン軍はニュータイプ部隊を集中運用できなかったのでしょうか。「エルメス」と「ブラウ・ブロ」と「ジオング」を同じ戦場に投入すれば、いくら「ガンダム」でも大いに苦戦するでしょうし、もしかすると撃破できる目だってあるかもしれません。そこまでは期待できないとしても、アムロ&「ガンダム」以外は全て撃破できそうですし、そうなると「ホワイトベース」を撃沈して「ガンダム」も無力化できるかもしれないのです。

 なおこの場合、それぞれの機体の完成時期のズレについては、無視しても大丈夫でしょう。シャリア・ブルが登場するエピソードはソロモン要塞の陥落後で、そしてソロモンが陥落したのは12月25日、終戦まで約1週間というタイミングです。

 しかし、ニュータイプ兵器の集中運用はなりませんでした。改めて、なぜ集中運用ができなかったのかを考えると、その答えは「ララァの『エルメス』を護衛するのが、シャアの『ゲルググ』」であったことから紐解けるかもしれません。

【画像】よく考えると「ビーム・ナギナタ」って謎だよね…みんな大好き「ゲルググ」専用機&量産機(8枚)

画像ギャラリー

1 2