マグミクス | manga * anime * game

『北斗の拳』ケンシロウの破れた服、毎回復活の謎。原作検証で見えた意外な事実も

1980年代に「週刊少年ジャンプ」で連載され、TVアニメとともに絶大な人気を誇った『北斗の拳』では、主人公・ケンシロウの怒りが爆発すると服が破けてしまう描写が印象的ですが、核戦争後という物資のない時代にもかかわらず、なぜか毎回戦いが終わると服は元通りに。原作マンガで「服破れ」のシーンを検証すると、さらなる謎も見えてきました。

ケンシロウの服が破けた回数、意外に多くない?

『北斗の拳』Kindle版第1巻(ノース・スターズ・ピクチャーズ)の表紙。ケンシロウは左右でデザインの異なる肩プロテクターを装着
『北斗の拳』Kindle版第1巻(ノース・スターズ・ピクチャーズ)の表紙。ケンシロウは左右でデザインの異なる肩プロテクターを装着

「一九九X年 世界は核の炎につつまれた!! 海は枯れ地は裂け……あらゆる生命体は絶滅したかにみえた……だが…人類は死滅していなかった!!」

 あまりに有名なナレーションで始まるマンガ、『北斗の拳』(原作:武論尊、作画:原哲夫)は1983年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が開始され、累計発行部数で1億部を突破。1984年からはフジテレビ系列でアニメが放映され、多くのファンに愛されるメジャーな作品となっているのですが、作品を通して見ると、あるひとつの謎が深まっていきます。

 無論、それは「一子相伝」である北斗神拳になぜ兄弟が4人もいたのかや、ユリアがなぜ生きていたのか……といったことではありません。それよりも単純に「北斗の拳・最大の謎」は、「ケンシロウが破いてしまった服は、一体、誰が、どのように修繕しているのか?」といったところではないでしょうか?

 現実世界では次の「世紀末」まで80余年(2020年)になってしまったのですが、『北斗の拳』の舞台となった「一九九X年」といえば、核戦争後の荒廃した世界。物資どころか水も食料もほとんどない設定です。そうした状況のなか、ケンシロウの肉体が隆起し、破けてしまう袖なし・ライダースジャケット(革ジャン)を、どうやって次々と手に入れていたのでしょうか。

 こうしたことを書くと「まぁ、マンガの世界の話で重箱の隅を突いても……」という声も聞こえてきそうですが、それはさておき、ケンシロウの「服が破けた回数」を単行本の一巻から数えてみるとトータルで19回。イメージとしては「安田大サーカス」のオチのように毎回服が破けていた印象もあったのですが、こうして改めて見ると意外に少ない数字です。核戦争以前に、ケンシロウが熱烈な革ジャン・コレクターだったとしたら、毎回服が破けてもスペアがあったのかもしれません。また、4着程度を破れるたびに縫い合わせて使いまわせば、あながち服はなくならないのかもしれません。

【画像】破けてもすぐ復活! ケンシロウの多彩な衣装コレクション(8枚)

画像ギャラリー

1 2