マグミクス | manga * anime * game

『装甲騎兵ボトムズ』JR稲城長沼駅に立った「スコープドッグ」 なぜ惹かれるのか

ローラーダッシュの迫力

左:原作・監督の高橋良輔氏 右:メカデザインの大河原邦男氏(稲城市経済観光課提供) (C)サンライズ
左:原作・監督の高橋良輔氏 右:メカデザインの大河原邦男氏(稲城市経済観光課提供) (C)サンライズ

 ローラーダッシュも「スコープドッグ」が従来のロボットとは一線を画す重要な要素でした。強烈な回転音と共に高速で前方にダッシュしてアームパンチで敵ATを撃破するシーンのスピード感は強烈です。方向を変えるときはターンピックを地面に打ち込み強引に軌道を変えるなど、リアルさが追及されていました。

 従来のロボットアニメでは、移動するときに地上を走ることが多かったのですが、お世辞にも早そうにも強そうにも見えません。強さを表現するのであれば、ジャンプするか、空を飛ぶ演出に頼ることが多かったのです。

 では、地上でのスピード感を演出するにはどうすればいいのかと考えた高橋監督が編み出したのが、ローラーダッシュです。この発明により、ロボットが高速で地上を移動する迫力満点の映像を作ることが可能になったのです。高橋監督は次作『機甲界ガリアン』でもガリアン・ソード(蛇腹剣)を生み出しており、後世の創作作品に、多大な影響を与えています。高橋監督の功績は本当に偉大なものだと言えるでしょう。

 さらにはベースとなる機体から、多くのカスタム機を作れるというのも、ロマンを刺激しました。
 
 かつてキリコが所属していた第24メルキア方面軍戦略機甲兵団特殊任務班X-1ことレッドショルダー隊にて考案・採用された高機動戦闘型「ATM-09-STTC スコープドッグ ターボカスタム」は兵装制御用支援型コンピューター「MCA-628」とロケットブースターとグライディングホイールを内蔵した「ジェットローラーダッシュ機構」を装備し、超高速機動戦闘が可能となっていました。OVA『ザ・ラストレッドショルダー』ではキリコと仲間たちが搭乗し、元レッドショルダーが狩る最新鋭AT「ブラッドサッカー」を瞬殺しています。

 他にも水上戦闘可能な「マーシィドッグ」や雪上戦闘用の「アバランチドッグ」など、数え上げればキリがありません。状況に応じて武装や装備を自在に変更し、戦い続けることができるのもジープが実際の戦場で便利屋としてさまざまな任務を果たしたことが連想されます。

 ただ、駆動に必要なポリマーリンゲル液の気化性と引火性が高く、少しの被弾でも引火・爆発しやすいというのは、自分が乗るとしたら大分厳しい設定かなとは思います。もし選べるのであれば、筆者は「ATM-08-MCスペンディングウルフ」に乗りたいというのが本音です。

(ライター 早川清一朗)

(C)サンライズ

【画像】JR稲城長沼駅前で行われた除幕式の様子

画像ギャラリー

1 2