マグミクス | manga * anime * game

【声優・山本彩乃のゲーム日和(7)】『第五人格』復讐者の悲しい過去に、サバイバーの影?

復讐心と家族への愛…本当の悪は誰なのか?

『Identity Ⅴ第五人格』のキービジュアルで、サバイバーの背後に描かれるレオ・ベイカー。彼らは過去に関わりが……?(画像:NetEase Games)
『Identity Ⅴ第五人格』のキービジュアルで、サバイバーの背後に描かれるレオ・ベイカー。彼らは過去に関わりが……?(画像:NetEase Games)

 レオはとにかく、荘園に送られてくるサバイバーを追いかけて追いかけて、退屈なハンター業でも楽しみを見つけていました。全てを奪ったあの憎いライリーに復讐を果たすため、荘園に招待されてくるのを待っているのでしょう。

 軍事工場の壁には「お前らを探し出してやる」と書かれていますが、どんなに待ってもライリーは来ません。

 怒りが爆発しそうなレオを見て、リッパーは、「彼に会わないよう祈っておいた方がいい」とか、「怒りが頂点に達した時、君を止められるものなんてないだろう?」と言っています。(リッパーの台詞だと思うのですが、実は違うかもしれません)

 あるシーンでは、ロケット椅子が飛んでいくのを見て、レオは「花火みたいで、昔の思い出が甦ったよ」なんて言っていますが、レオの過去を知ると、なんだかちょっぴり切ないですね…。

 そして、実はこのハンター業を続けていくには日記をつけなくてはいけません。ですが、レオは自分の目的を果たすために、途中から書くのをやめて出ていってしまいました。

 出て行ったのとほぼ同じくして、医師のエミリー、泥棒のピアソン、弁護士のライリー、そして庭師のエマが荘園に招待されます。

 エマは精神を病んでいて、犯罪的な悪い事はしていなさそうでしたが、なぜ招待されてしまったのか……?

 おそらく、レオが出ていったことへの罰だと思われます。そして、レオは弁護士のライリー、そして最愛の娘であるエマが荘園に招待されたのを知り、急いで荘園へ戻るのでした。

 ちなみに、エマのスキルには「加護」というのものがありますが、過去の思い出を頼りに、ハンターからのダメージを防ぐことができます。きっと、レオが守ってくれているのでしょう。

 話をまとめると、エマを孤児院に預けたのはレオでしょう。リサ・ベイカーから名前を変えたのは、借金から守るためだったのかもしれません。

 エマの失踪届を出したのは、母親のマーシャかなとも思ったのですが、その時には亡くなっている可能性が高いので、孤児院経営者の泥棒ピアソンさんか医師のエミリーでしょうか。

 それにしても、よくよく考えると怖いですよね。

 だって、軍事工場は燃えてなくなったはずなのに、綺麗に残っていて、そこでゲームが行われているんですから。ライリーが言っていたように、コピーされた別の場所なのでしょうか。

 いったい誰がゲームマスターをしていて、招待状を出しているのか……そこはまだ分かりません。もし、主人公の探偵オルフェウスの仕業だったら、ビックリですね……。

 おまけで!

 レオのちょっぴり可愛いエピソード。嫌いなものが「ねずみ」となっていますが、弁護士ライリーのことかな? レオは本当に弁護士ライリーの事が憎いんですね。

 そして、好きなものは「家族」です。レオはこんなことを言ってます。「来世があるなら、今度こそあなたたちを守りたい」と。本当に、幸せになって欲しいですね。

 数回に分けて考察をしてきましたが、キャラクターそれぞれが少しずつ絡み合っていて、どういう順番でお話するか、すごく悩みました。楽しんでいただけていれば嬉しいです!

 私が思うに、いちばんの悪人は、やっぱり全てを奪った、あの方ですかねぇ~。皆さんはどう思いますか? ご意見、ご感想は、Twitterでお待ちしております。ぜひ、お願いいたします!

(山本彩乃)

1 2 3

山本彩乃(やまもと・あやの)

声優/アミュレート所属。アニメ『STEINS;GATE』(天王寺綯)、アニメ『ひなろじ~from Luck & Logic~』(ワッフル)、ゲーム『閃乱カグラ』(四季)、ゲーム『チュウニズム』(天王洲なずな)、ゲーム「Tokyo 7thシスターズ」(堺屋ユメノ)など。ゲームとアニメの情報バラエティ『木曜だからゲッチャ』(毎週木曜日21:00~ ニコニコチャンネル)にレギュラー出演中。
・公式サイト:http://amuleto.jp/talents/yamamotoayano.html
・Twitter:https://twitter.com/ayanon_y