マグミクス | manga * anime * game

FCソフト『信長の野望・全国版』に始まり…信長、アニメやゲームで現世でも現役!?

35年以上、信長と歩んできた

『信長の野望・革新』(コーエー)
『信長の野望・革新』(コーエー)

『信長の野望』シリーズについては、その後、多くのタイトルをPCでプレイするようになりました。戦国群雄伝・武将風雲録・覇王伝・天翔記・将星録・烈風伝・嵐世紀・蒼天録・天下創世・革新とプレイし続けてきましたが、最近は少しご無沙汰になってしまっています。作品自体のボリュームが多いので、仕事が忙しいとなかなか手を付けられないのが悩みです。

 近年のゲームでもさまざまな信長が登場していますが、筆者が特に気に入っているのが『Fate/Grand Order』(以下、FGO)に登場する信長です。本作ではここ10年ほどでよくみられるようになった女性化信長として参戦しており、年に一度のペースで信長主体のイベントが開催されています。2019年に開催された「ぐだぐだファイナル本能寺」で、教科書にも使われている狩野永徳の絵のキャラクターも登場し、プレイヤーたちを驚愕させました。

『FGO』ではキャラクターにクラス(役割)が割り当てられているのですが、信長のクラスは鉄砲を多用したというエピソードからアーチャーとなっています。他にも時として信じられない行動に出るためかバーサーカーの水着信長や、復讐者としての特殊クラスであるアヴェンジャーの魔王信長などバリエーションも豊富で、多くのキャラクターたちのなかでも屈指の存在感を誇っています。唯一残念なのはアーチャークラスの信長はイベントで配布されるサーヴァントのため、最近プレイを始めた方は手に入れられないという点です。イベントの復刻か、配布サーヴァントを入手できるような手段を用意してもらえると大変ありがたいのですが。

 思えばゲームで信長に関わるようになってから、35年ほどが経過しました。ゲーム以外でも多くのマンガ・アニメ・ドラマで多くの信長の活躍と、本能寺での最期を見届けています。2020年は大河ドラマ『麒麟がくる』での染谷将太氏による信長が、従来のイメージとは異なる形でありながらも、狂気と怜悧な判断力を持つ存在として注目を集めています。果たして最後、主人公である明智光秀はなぜ信長を討つにいたるのか、新たな解釈を見せてくれそうな気がして、楽しみでたまりません。

(ライター 早川清一朗)

【画像】アニメに「多すぎ!」な織田信長(6枚)

画像ギャラリー

1 2