マグミクス | manga * anime * game

【声優・本多真梨子のマンガ愛(13)】『狼領主のお嬢様』絶望から始まる転生物語が胸を打つ!

マンガをこよなく愛する声優、本多真梨子さんが、心からおすすめしたいマンガを語ります。第13回は、業を背負った人物たちの過酷な物語。厳しい境遇であればあるほど、彼らがつかみ取っていく小さな「救い」が大切に感じられて……。

悲しくて悲しくて、心がギューーーッとなるマンガ。

声優・本多真梨子さん
声優・本多真梨子さん

わぁぁぁぁぁぁ。゚(゚´ω`゚)゚。
わぁぁぁぁぁぁ。゚(゚´ω`゚)゚。

 再度読み返して、心が、心が!ギューーーッとなった本多です。

 皆さん、こんにちは、こんばんは。連載「本多真梨子のマンガ愛」、今回ご紹介する作品は、ここ最近読んだマンガで一番、心がギューーーッとなった作品です。

 私、前にもお伝えしていますが、主人公が過酷な状況に追い詰められる作品が大好きなんです。過酷であればあるほど燃えるといいますか…なんと言いますか…そういう趣味なんだと思います!(笑)

 この作品は冒頭、大きな絶望からはじまります。以前ご紹介した『捨てられた皇妃』(マンガアプリ「ピッコマ」で配信中)も冒頭から大きな絶望ですが、冒頭の絶望度は、個人的にはこちらの方が酷いです。

 もう、最初悲しくて悲しくて……こんな酷いことある????って、ひとり読みながら誰かに助けを求めていました(答えてくれる声はない)。

 悲しい作品には興味なし! という方にはおすすめできないですが、悲しい作品好きなんです!って方には、もう全力でマンガをお送りしたいレベルの作品です!

『狼領主のお嬢様』

 悪逆非道な領主の娘が処刑される。その記憶を持って生まれた少女シャーリー。前世で恋人だった、現領主カイドの元でメイドとして働くことになる。歪な二度目の出会い。ふたりは……というあらすじ。
 
 カイドは、もう殺すしかない状況で、恋人の公開処刑を見ていることしかできない。

 前世のお嬢様は、家族の罪や、恋人に騙されていたことを嘆き、絶望して処刑される。

 もう、もう、悲しい悲しい…悲しいんだ。この話。

 特に処刑のシーンの彼女のモノローグが印象的で、《そうして終わる あなたと私。どこにもいなかったあなたと 私。》ってところで、何度泣いたことか…!!!!!

【画像】本多真梨子さん推薦! 主人公が過酷な目に遭うマンガ作品(5枚)

画像ギャラリー

1 2

本多真梨子(ほんだ まりこ)

声優/アミュレート所属。TVアニメ『神之塔』(ユリ・ザハード)、TVアニメ『日常』(相生祐子)、TVアニメ『生徒会の一存』シリーズ(桜野くりむ)、TVアニメ「ロボットガールズZ」(マジンガーZ ちゃん)、ゲーム「サモンナイト」シリーズ(ペリエ)など。
・公式サイト:http://amuleto.jp/talents/honda-mariko.html
・Twitter:https://twitter.com/honda_mosamosa