マグミクス | manga * anime * game

ジャンプ作品“らしくない”マンガ3選 王道展開に飽きてきた方々にオススメ!

『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博先生が連載していた異色のSF短編

●冨樫義博『レベルE』

著:冨樫義博『レベルE』電子版上巻(集英社)
著:冨樫義博『レベルE』電子版上巻(集英社)

 最後は、冨樫義博先生が『幽☆遊☆白書』と『HUNTER×HUNTER』の間に「ジャンプ」で連載していた短編『レベルE』をご紹介します。「全ての絵をアシスタントなしで描く」という要望を叶えるため、「ジャンプ」にも関わらず週刊連載ですらなかったという、異色の作品です。

 内容も王道から外れており、地球に知らず知らずのうちに紛れ込んでいる宇宙人を題材としたSF作品です。細かく書き込まれたキャラクターや背景は写実的で、青年誌のような雰囲気が漂っています。

 単行本の表紙はシリアスな雰囲気なのですが、それほど堅苦しい話ではなく、ドグラ星からやってきたバカ王子が起こす悪ふざけがメインのオムニバス形式となっています。基本的には、とにかくキャラクター同士の掛け合いが面白い作品です。

 しかし、そのなかで終始暗い物語となっているのが「食人鬼編」。本人の意思に反して、生理的に人間を食べたくなってしまう宇宙人が題材となっています。「最近 死ぬことばかり考えてる」といった宇宙人の想いがびっしりと語られた見開きや、好きな女の子まで食べてしまうという結末は衝撃的です。当時ジャンプで見ていた子供たちには、相当なインパクトを与えたのではないでしょうか。

 この『レベルE』は単行本で全3巻と短いので、サクッと読み始めることができます。『幽☆遊☆白書』や『HUNTER×HUNTER』が好きという方は、読んでみてはいかがでしょうか。

(古永家啓輔)

【画像】むしろ「王道」が希少?連載中のジャンプ人気作

画像ギャラリー

1 2