マグミクス | manga * anime * game

マンガ界「最強の母キャラ」6選! 先輩・ライバル・ボスを圧倒して「母は強し」

マンガにおける最強のボスキャラ、最強のおじいさんキャラなど、たびたび議論が盛り上がる「最強」論争。この記事では「母」として登場するキャラに注目。「母は強し」という言葉もありますが、そんな言葉では収まりきれない、スケールがデカくて強すぎる母たちをピックアップしました。

地球最強のスーパー教育ママ

 マンガにおける最強のボスキャラ、最強のおじいさんキャラなど、たびたび議論が盛り上がる「最強」論争。では、マンガにおける最強の「母」は一体誰なのか!? 傭兵、殺し屋、格闘家などなど……異色の経歴を持つ「母」たちをピックアップしました!

悟空とチチが結婚 著:鳥山明『DRAGON BALL』第15巻(集英社)
悟空とチチが結婚 著:鳥山明『DRAGON BALL』第15巻(集英社)

●悟空も敵わない熱血教育ママ:チチ

 まずは『ドラゴンボール』(著:鳥山明/集英社)に登場するチチ。孫悟空を夫に持ち、孫悟飯、孫悟天を育てた母です。普段は東北弁っぽい喋りがかわいい教育ママですが、その強気な性格と責任感で、時には悟空や悟飯を厳しく叱るなど、一家をグイグイと引っ張っています。悟空が宇宙最強の戦闘民族であるなら、チチは宇宙最強の母と言えるでしょう。実際、自分自身が戦ってもかなりの強さを持つ武道家でもあります。父の牛魔王から譲り受けたパワーと武術によって天下一武道会にも出場。試合には敗れましたが、悟空相手に鋭い突きや蹴りを披露し、試合を見ていた亀仙人も「あの娘、かなりの達人じゃぞ」と評しています。

●普段は天然、実は殺し屋:ヨル・フォージャー

 続いては『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』(著:遠藤達哉/集英社)のヨル・フォージャー。『SPY×FAMILY』は、主人公のコードネーム・黄昏(たそがれ)が任務のためにニセの家族を作ることから始まるアクションコメディです。その家族構成は、父の黄昏/ロイド・フォージャーが凄腕のスパイ、娘のアーニャは人の心が読める超能力者、そして母であるヨルは「殺し屋」であるというまさにスーパー一家。ヨルは、普段は公務員の仕事をしていましたが、裏では「いばら姫」というコードネームで暗殺をこなし、弟を養ってきた過去を持ちます。性格は天然キャラでかわいらしいイメージですが、その実力は夫の黄昏をしのぐほど。間違いなく最強母候補のひとりです。

●元最強の傭兵:高槻美沙

 続いては『ARMS』(著:皆川亮二/小学館)の高槻美沙です。『ARMS』は「週刊少年サンデー」で1997年から連載され人気を博したバトルマンガで、主人公・高槻涼が、自分の腕に移植された「ARMS」という兵器によって襲い来る敵と戦っていく物語です。そんな涼の母親が高槻美沙。普段は家事を完璧にこなす専業主婦ですが、その過去は「笑う牝豹」と呼ばれた凄腕の傭兵。その強さは圧倒的で、ワイヤーによる絞め技や拳銃による早撃ち、状況を素早く判断した戦略の組み立てなど、設定レベルが高すぎるんじゃないかと思うくらいの活躍を見せました。

格闘家にサイコパス! あの春日部最強(?)の母も登場

花園勇花が表紙に登場 著:浜岡賢次『浦安鉄筋家族』第30巻(秋田書店)
花園勇花が表紙に登場 著:浜岡賢次『浦安鉄筋家族』第30巻(秋田書店)

 最強の母シリーズ。まだまだ異色のキャラが盛りだくさん!

●ほぼ範馬勇次郎:花園勇花

 続いては『浦安鉄筋家族』(著:浜岡賢次/秋田書店)の花園勇花です。圧倒的な筋肉に、逆立つ髪の毛、体から浮き出るオーラなど、その姿は『刃牙』に登場する範馬勇次郎そのもの。移動するときに壁や屋根を突き破るのは序の口で、握力でごはんを炊いたり、ログハウスを背負って歩いたり、手刀でネギを切ったりなど、人を超えた力を随所に見せつけています。「アホウがッ」が口癖で何事にも妥協しない性格のシングルマザー。我が子の花園垣に対しても、愛を以て強く育てる教育方針を掲げています。息子を連れて山ごもりで修行するのは花園勇花のほかにはいないでしょう。

●暗殺一家のサイコパス母:キキョウ=ゾルディック

 続いては『HUNTER×HUNTER』(著:冨樫義博/集英社)に登場するキキョウ=ゾルディックです。最強の暗殺一家ゾルディック家の一員でキルアの母です。見た目は貴族のようなドレスに身を包み、顔にはメカのスコープを取り付けたかなり不気味な姿。さらに性格の歪みも見た目に負けておらず、溺愛する息子・キルアが妹を助けるために「母親を殺す」と言ったときは、ショックを受けるどころか「何て残酷なことを言えるようになったの。成長したわね!」と、息子の殺し屋としての成長を喜ぶサイコパスっぷりを見せていました。

●春日部最強(?)の母:野原みさえ

 最後は『クレヨンしんちゃん』(著:臼井儀人/双葉社)から春日部最強(?)の母・野原みさえです。愛する夫とふたりの子供、そして愛犬のシロとともに春日部で平和に暮らす専業主婦ですが、そのポテンシャルは見逃せません。自由奔放なしんのすけに振り回されながらも決して折れない精神力、朝の送迎バスに乗り遅れても毎日しんのすけを自転車で幼稚園までしっかり送り届ける脚力。さらには頭グリグリやゲンコツなどの必殺技も持っているという、まさに最強の母のひとりです。

(吉原あさお)

【画像】清楚な容姿とは裏腹に…最強すぎる母キャラ

画像ギャラリー