マグミクス | manga * anime * game

『ミステリと言う勿れ』が話題、「主人公がアフロ」のマンガ4選 見た目以外の共通点は?

2022年1月クールの月9ドラマで、SNSなどでも大いに話題になっている『ミステリと言う勿れ』は田村由美さんの人気マンガが原作。主人公の久能整(くのう ととのう)は明晰な頭脳と独特の語りに加え、モジャモジャのアフロヘアも大きな特徴です。他にもある、アフロが主人公のおすすめマンガを紹介します。

マンガのアフロキャラは天然パーマが多い?

菅田将暉主演の月9ドラマ版も話題の『ミステリと言う勿れ』第1巻(小学館サービス)
菅田将暉主演の月9ドラマ版も話題の『ミステリと言う勿れ』第1巻(小学館サービス)

 月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』が2022年1月10日に放送を開始し、第1話からいきなり主人公が捕まり、自分の無罪を主張するという展開で話題を呼びました。田村由美先生の人気マンガが原作で、主人公の久能整(くのう ととのう)は、拗(こじ)らせたキャラと独特な推理と名言、そして目を引くアフロヘアが特徴です。

『ONE PIECE』のブルック、『ドラゴンボール』のミスター・サタンなど、有名なアフロキャラは多数いますが、今回は『ミステリと言う勿れ』のように「主人公がアフロヘアのマンガ」を紹介します。

※アフロヘアにもさまざまな定義があります。今回は「髪が大きく膨らんで丸い形になっているパーマの髪型」とします。

●「アフロ田中」シリーズ

 まずはタイトルに「アフロ」とはっきり入っている人気マンガ「アフロ田中」シリーズ。2001年に始まった『高校アフロ田中』から『中退』『上京』『さすらい』『しあわせ』『結婚』と続き、今後もシリーズは継続することが発表されています。

 主人公の田中広は天然パーマで、顔の1.5倍近くある見事なアフロヘア。単純なように見えて変なことにこだわり、野球が得意なのにボクシング部に所属するような性格で、そんな彼の高校時代からの波乱万丈の人生が描かれています。

 2012年に松田翔太さん主演で映画化、2019年に賀来賢人さん主演でドラマ化されましたが、ふたりとも端正な顔にドカンとしたアフロヘアが妙にハマっていました。

●宇宙兄弟

 宇宙開発に関わるさまざまな人間のドラマを描いた人気マンガ『宇宙兄弟』の主人公兄弟の兄・南波六太(なんば むった)は、田中に比べるとだいぶ控えめですが、天然パーマでアフロっぽい髪型をしています。勤めていた自動車設計会社の上司から先に宇宙飛行士になっていた弟・日々人(ひびと)を侮辱され、頭突きをして退職しました。たぶん髪型のせいで、そんなに威力のない頭突きになっていたのではないでしょうか。

 アフロの髪型のせいでコミカルな印象ですが、ずば抜けた器用さと発想力の持ち主で、弟もその実力を尊敬している優秀な人物。それでいて、「ドーハの悲劇」と同じ日に生まれているせいもあって、どこかネガティブで消極的な一面もあってうじうじ悩んでいることが多いのも、読者の共感を呼ぶキャラです。

 ネットでは大泉洋さんに似ていると言われていましたが、2012年の実写映画では小栗旬さんが地毛をアフロヘアにして六太を演じ、新たに三枚目な魅力を見せました。

【画像】自由を求めるアフロヘア主人公たちも魅力のマンガ作品(5枚)

画像ギャラリー

1 2