マグミクス | manga * anime * game

強くて怖い!「武闘派メガネキャラ」6選 ヤクザから神父までみんな戦い好き

メガネをかけていると、それだけで理知的、穏やかそう……なんてイメージが湧くことがありますが、それは偏見です。特にマンガには、ヤバくてかっこいい「武闘派メガネキャラ」たちがたくさん出てきます。今回はとくに強い6人を紹介します。

優しいけど戦闘時は怖いアンデルセン神父

2種類の蟻の能力を持つメガネ戦士ミッシェル・K・デイヴィスが表紙の『テラフォーマーズ』3巻(集英社)
2種類の蟻の能力を持つメガネ戦士ミッシェル・K・デイヴィスが表紙の『テラフォーマーズ』3巻(集英社)

 メガネをかけている人には、なんとなくインドア派、穏やかで優しそう……なんてイメージが湧いてしまいますが、現実でも2次元でも決してそのイメージ通りということはありません。今回は特にかっこよく、強く、怖い「武闘派メガネキャラ」をご紹介します。

●『テラフォーマーズ』ミッシェル・K・デイヴィス

 火星で異常な進化を遂げたゴキブリたちと人類の戦いを描いた『テラフォーマーズ』のヒロインにして、24歳にしてU-NASA火星探索チーム総隊・副長兼日米合同第二班班長の座に就いているミッシェル・K・デイヴィス。クールビューティな見た目にシャープなメガネをかけた彼女は、父親のドナテロ・K・デイヴスからの遺伝と後天的M.O.手術で身に着けた「パラポネラ」と「バクダンオオアリ」の2つの能力があり、マーズランキング5位の実力者です。

 ゴキブリたち相手には殺意むき出しで怪力と爆破能力で容赦なく戦いますが、膝丸燈ら部下にはぶっきらぼうながらも優しさと上官としての器を見せるなど、頼れる「武闘派メガネ女子」として人気を誇ります。毒舌のキレ味も抜群で、気持ちのいいキャラです。

●『HELLSING』アレクサンド・アンデルセン

「メガネをした神父様」……字面で見れば親しみやすそうですが、マンガの神父キャラのなかでもトップクラスに好戦的なのが『HELLSING』に登場したアレクサンド・アンデルセンです。ローマ・カトリック教会の神父という立派な肩書で、普段は孤児院で子供たちに深い愛を注ぎ慕われているのですが、戦闘になると豹変します。

 ミディアン(人外)と戦うために特殊強化改造を受けた再生者(リジェネレーター)であり、戦う相手が強ければ強いほどたぎりまくる彼は、主人公・アーカードと激戦を繰り広げ、最後には人間であることをやめる選択をしてまで戦い続けました。メガネ率の高い『HELLSING』のなかでも、特に強い印象を残すキャラです。

●『呪術廻戦』禪院真希

 公開中の『劇場版 呪術廻戦 0』でも大活躍の禪院真希(ぜんいん・まき)は、呪術界御三家のひとつ・禪院家の人間ながらも、呪力を生まれつきほとんど持っておらず、呪霊を見るために特殊なメガネをかけています。禪院家の人間から見下され、尊厳を踏みにじられる人生を送ってきましたが、それでも彼らを見返すために呪術高専に入ったタフなキャラです。

 呪力はないものの、厳しい鍛錬もあって身体能力と呪具の扱いは達人級、幾度もその実力の高さを見せています。乙骨憂太に喝を入れ、釘崎野薔薇ら後輩へ姉御肌を見せるなど、フィジカル、メンタルともに強く魅力的です。

【画像】「武闘派メガネキャラ」たちの雄姿、活躍エピソードを振り返る(6枚)

画像ギャラリー

1 2