マグミクス | manga * anime * game

マンガに登場する理想の先生は?「頭脳」「体力」「性格」と分かれる得意分野!

理想の上司、理想の恋人、理想の友達などなど、マンガには現実にはめったにいない理想的なキャラたちが登場します。今回は理想の「先生」キャラに注目。「厳しくも頼りになる」「いつも優しく見守ってくれる」など素敵な先生がたくさんいます。

生徒の能力を引き出す抜群の指導力

安西先生が表紙の『SLAM DUNK 新装再編版』完全版第7巻(集英社)
安西先生が表紙の『SLAM DUNK 新装再編版』完全版第7巻(集英社)

 新年度は各学校で、新しいクラスへの振り分け、そして担任発表などの一大イベントがおこなわれる時期です。快適な学校生活を送る上で、「誰が先生になるか」は重要な問題。そこで今回は現実にもいて欲しい、マンガに登場する理想的な「先生」キャラを紹介します。

●『SLAM DUNK』の安西光義先生

 まずは、2022年秋にアニメ映画化が発表されている『SLAM DUNK』の安西先生です。湘北高校のバスケ部に入部した主人公・桜木花道が、驚異的な身体能力と地道な努力によって成長していく姿が描かれるなか、必要不可欠だったのが安西先生の存在。

 抜群の指導力のなかでも見事なのが、かける言葉のセンスです。桜木にシュート練習をさせたときには自ら手本を見せながら「リラックスリラックス シュートは力じゃない」とアドバイス。さらに「相手はまさか(キミのシュートが)この短期間に入るようになってるとは思いもよらないからフリーでうたせる(=だからキミの見せ場になる)」と言って、桜木のやる気を引き出します。実際、桜木のシュート力向上はチームにとっても大きなプラスになりました。

 ほかにも「私だけかね…? まだ勝てると思ってるのは…」「ボールを奪う 走る リングに入れる これが後半の作戦です」などシンプルながら計算されたたくさんの「名声掛け」があります。

●『ちびまる子ちゃん』の戸川秀之先生

 続いては『ちびまる子ちゃん』の、まる子が在籍する3年4組の担任・戸川先生です。めったに怒ることのないやさしい性格で、まる子を呼ぶときも「さくらさん」と「さん」付け。しかも丁寧語でしゃべります。

 まる子のクラスと言えば、大野くんや杉山くんなどのガキ大将2人組、はまじや山田などのにぎやか軍団、丸尾くんやみぎわさんなどの自分大好きっ子……と超個性派揃いです。普通ならクラス運営もハチャメチャになりそうですが、見事にバランスが取れているのは戸川先生の穏やかさゆえなのかもしれません。ちなみに好きな食べ物は肉じゃが、麻婆豆腐だそうです。

【画像】理想の「先生」たちが登場するマンガ(5枚)

画像ギャラリー

1 2