マグミクス | manga * anime * game

【eスポーツの現場から】元よしもと芸人、eスポーツへ! ブームを担うキャスターの仕事

近年の世界規模での盛り上がりを受けて、日本でも「eスポーツ」への注目が高まっています。魅せるプレイで活躍する選手たち、試合を盛り上げるキャスター、あいついで参入するスポンサー、ゲームメーカー、イベント主催者など、さまざまな立場のプレイヤーの声を通じて、日本のeスポーツの現在とこれからを考えていきます。

元よしもと芸人、軽快なトークと解説で活躍

「eスポーツ」とは、複数人のプレイヤーで対戦するゲーム使った競技。その大会やイベントなどでは、ゲームの戦況や見どころについて解説や実況を行う「キャスター」が活躍しています。

 元は吉本興業で芸人として活動していたシンイチロォさんもそのひとりです。全世界1億人のユーザーがプレイするオンラインカードゲーム『ハースストーン』のキャスターのほか、FPSなどシューティングゲームの実況も務めています。元芸人という経歴から繰り出される、軽快なトークと解説で視聴者の人気を集めています。

今後の活動が注目されるキャスターの一人(画像:GANYMEDE株式会社)
今後の活動が注目されるキャスターの一人(画像:GANYMEDE株式会社)

 シンイチロォさんがキャスターに取り組む理由は、「子供の頃から好きだったゲームでたくさんの人たちが熱くなり、一体となって盛り上がるeスポーツに魅せられたこと」。現在は自分自身が大会を盛り上げる立場になり、「大好きなゲームタイトルで世界一を決めるという、誰しもが一度は夢みたことが実現する瞬間を目撃できることが、eスポーツの魅力です」と、やりがいを語ります。

 シンイチロォさんはキャスター活動のほか、自身でも配信を行うなど、積極的に活動しています。特に好きなゲームは、得意分野である『ハースストーン』のほか、『リーグ・オブ・レジェンド』そして『PLAYERUNKOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』などを挙げます。

『リーグ・オブ・レジェンド』は2019年から始まった「全国高校eスポーツ選手権」で大会種目になるなど、国際的に支持されているタイトル。3つ目の『PLAYERUNKOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』は、全世界で爆発的な人気を誇るサバイバルシューティングゲーム。読者の皆さんのなかにも、没頭しているという方がいるのではないでしょうか。

 特に、『ハースストーン』と『PUBG』は実況しやすいと、シンイチロォさんはいいます。テンポの早いカードゲーム『ハースストーン』と、プレイヤー同士のバトルロワイヤルゲーム『PUBG』は、シンイチロォさんの持ち味である軽快なトークが十分に活かされているのでしょう。

1 2