マグミクス | manga * anime * game

ファン待望の完全新作も! 2023年下半期の注目ゲームタイトル5選

2023年のゲーム市場も、『ファイアーエムブレム エンゲージ』から始まり『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』に『FINAL FANTASY XVI』と、上半期だけでも話題に事欠かないほど。しかし、下半期の展開も見逃せないものばかり。そのなかでも注目度満点の5作品を紹介します。

闘争を求める身体が、いよいよ満たされる?

「しかし体は闘争を求める」という文言から、風が吹けば桶屋が儲かる的な言い回しで新作を求める声がたびたび挙がった『アーマード・コア』。その願いが、この夏に現実となる。
「しかし体は闘争を求める」という文言から、風が吹けば桶屋が儲かる的な言い回しで新作を求める声がたびたび挙がった『アーマード・コア』。その願いが、この夏に現実となる。

 早くも2023年が半分終わり、上半期だけでもさまざまな人気作がゲーム市場を賑わせました。今年1月には、『ファイアーエムブレム 風花雪月』に続くNintendo Switch向けの完全新作『ファイアーエムブレム エンゲージ』が登場。以降も、ハリー・ポッターの世界観をオープンワールドで表現した『ホグワーツ・レガシー』、待望のリメイク作『バイオハザードRE:4』などが続きました。

 そのなかでも格段に話題となったのが、前作を超える広大な世界が冒険の舞台となった『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』と、メインシリーズ初のアクションRPGに挑んだ『FINAL FANTASY XVI』。それぞれ5月・6月に発売されたばかりなので、まだしばらくこの2大タイトルが話題をさらうことでしょう。

 ですが、2023年の注目作は、上半期だけで終わりません。この7月から12月まで、魅力的なラインナップが多数控えています。果たしてどんな注目作が待ち受けているのか。特に有力な5本をチョイスし、お届けします。

●PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)『アーマード・コアVI ファイアーズ オブ ルビコン』(フロム・ソフトウェア):8月25日発売

 ロボットアクションゲーム『アーマード・コア』シリーズの最新作『アーマード・コアVI ファイアーズ オブ ルビコン』が、この夏いよいよ訪れます。

 本シリーズは1997年発売の第1作目から始まり、20作品以上も展開するほどの支持を集めました。しかし、2013年発売の『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』以降、長い沈黙期に突入。新たな展開を待つファンが多くいながらも、その期間は10年にも及びました。

 ですが、待ち望むファンの気持ちは裏切られることなく、昨年末に『アーマード・コアVI ファイアーズ オブ ルビコン』が発表。発売日も既に決まっており、当日に向けたカウントダウンを数える人も少なくありません。

「10年越しの最新作」という点だけでも注目に値しますが、発売以降の盛り上がりにも期待が寄せられています。というのも、『アーマード・コア』シリーズの売れ行きは一部の大人気ゲームほどではなく、海外展開も行われていたものの、PC版がなかったこともあり、認知度が高いとまでは言えません。

 ですが、本作の開発・販売を行う「フロム・ソフトウェア」は(※海外販売:バンダイナムコエンターテインメント)、近年展開した高難易度アクションゲームが好評を博し、国内外で高い人気を集めています。特に、昨年リリースした『ELDEN RING』は世界的な大ヒット作で、約1年間で世界累計出荷本数2000万本を突破。昨年のNo.1ゲームに選ぶ人も多く、ゲーム史に残る傑作とも言われています。

『ELDEN RING』を生み出した「フロム・ソフトウェア」が手がける、最新ロボットアクション『アーマード・コアVI ファイアーズ オブ ルビコン』。こうした一連の流れによる関心度の高まりは、『アーマード・コア』の名を広く知らしめる絶好の機会と言えるでしょう。本作はPC版(STEAM)も用意されるため、海外からの注目度もシリーズ史上かつてないほどの勢いを見せています。

 コアなファンに支えられて10年の沈黙を破るシリーズ最新作を、国内外のユーザーがどう受け止めるのか。ゲームの内容はもちろん、その反響にも要注目です。

1 2 3