マグミクス | manga * anime * game

時代劇版『仮面ライダー』倒したヒーロー! もっと評価されるべき『怪傑ライオン丸』

なぜ傑作『快傑ライオン丸』は埋もれてしまったのか?

うしおそうじ先生原作のマンガ『快傑ライオン丸』第1巻(KADOKAWA)
うしおそうじ先生原作のマンガ『快傑ライオン丸』第1巻(KADOKAWA)

 ここまで人気だった『快傑ライオン丸』が、『仮面ライダー』や『ウルトラマン』のように、メジャーにならないまま埋もれてしまったのはなぜでしょうか。ピープロという独立プロの作品だったことが要因、と見る向きもあれば、次回作『風雲ライオン丸』がいろんな意味で残念な作品だったから、と見る向きもあるなど諸説ありますが、最大の原因は、『快傑ライオン丸』という作品があまりにも子どもたちの印象に残る作品だったということではないでしょうか。

 最終回、盟友のタイガージョーに先立たれた獅子丸は単身、宿敵ゴースンの元へ、最後の決戦に赴きました。ライオン丸に変身すると、迷わず巨大なゴースンの体内へ飛び込みます。そしてゴースンの心臓を一刺しし、その勢いでゴースン共々、大爆散を遂げました。獅子丸とゴースンの最期を見届けた沙織と小助は、故郷の飛騨へ帰っていきます。特撮ドラマ史上に残る最終回でした。

 ところが、死んだはずの獅子丸が次の週から早速、復活しました。装いも新たに『風雲ライオン丸』として再登場したのです。「弾 獅子丸」という名前で、前作『快傑』とは別人という設定ながら、演じる俳優は同じです。果たして子どもたちが納得、理解できたかどうかは疑問です。

 フィクションとはいえ、当時子どもだった筆者には、あの衝撃のラストと翌週の再登場はモヤモヤが残るものでした。まさかの復活さえなければ、『快傑ライオン丸』はもっと評価されていたかもしれません。

(LUIS FIELD)

【他人です】『風雲ライオン丸』のビジュアルをチェックする

画像ギャラリー

1 2 3 4