マグミクス | manga * anime * game

時代劇版『仮面ライダー』倒したヒーロー! もっと評価されるべき『怪傑ライオン丸』

同時期に放送された特撮変身ヒーロー時代劇『快傑ライオン丸』『変身忍者嵐』は、シンクロニシティとでも言わざるを得ないほどよく似た設定があるなか、人気の軍配が前者に上がった理由を見ていきます。

石森×東映に勝利した独立プロ制作の傑作

勇ましい風貌でポーズを決めるライオン丸。『快傑ライオン丸』Blu-ray BOX(キングレコード)
勇ましい風貌でポーズを決めるライオン丸。『快傑ライオン丸』Blu-ray BOX(キングレコード)

 子どもたちが変身ポーズを真似した1972年放送の特撮変身ヒーロー時代劇『快傑ライオン丸』は、ファンの間で『仮面ライダー』に匹敵するほどの人気を誇っています。実は同時期に『仮面ライダー』と同じスタッフで制作された、同じく特撮変身ヒーロ時代劇『変身忍者嵐』も放送されており、のちに番組プロデューサーはライオン丸に負けた旨を述べました。

 予算もスタッフも少ない独立プロであるピープロの『快傑ライオン丸』が、なぜ石森章太郎(当時)×東映の『変身忍者嵐』に勝てたのでしょうか。改めて振り返ってみると『快傑ライオン丸』には、制作環境の不利を超越する魅力がありました。

●主題歌、造型、キャスト、全てが噛み合った奇跡の作品『快傑ライオン丸』

「特撮ヒーローは顔が命」とまでは断言できませんが、やはりどんなエンタメでも見た目は大切です。そうしたなか、マンガ家のうしおそうじ(鷲頭富雄)さん率いるピー・プロダクションのそれまでの作品は、いまひとつといわざるをえませんでした。

 前作『スペクトルマン』のデザインも、無骨さが魅力となり一部で熱狂的な支持を受けているものの、万人受けしたとはいえません。その弱点を補って余りあるのが『快傑ライオン丸』の、動物のマスクでした。黒いマントを翻し、真っ白なたてがみを揺らしながら日本刀でバッサバッサと敵を叩っ斬ります。

 完全に和洋折衷ですが、なぜか全体で見るとしっくりきます。元々、『スペクトルマン』の原題は『宇宙猿人ゴリ』で、宇宙猿人の造型は見事でした。『快傑ライオン丸』で、ピー・プロダクションはようやく自社の強みを活かせたようで、以降『鉄人タイガーセブン』まで動物マスクのヒーローが続きます。

 戦国時代、長引く戦乱の中で親を失ったみなし子「獅子丸」「沙織」「小助」は、飛騨の山中で忍者の長老「果心居士」に育てられました。そこへ、日本征服をたくらむ「大魔王ゴースン」は手下の暗黒魔人を送り込みます。「暗黒魔人オロチ」に襲われた果心居士は、獅子丸に「金砂地の太刀」を託して息絶えました。獅子丸が鎖で結ばれた金砂地の太刀を抜くと「忍法獅子変化」によって「ライオン丸」に変身します。

 この変身シーンの格好良さも、『仮面ライダー』の変身に匹敵するほどの人気になりました。また、小助が果心居士に託された「横笛」は、果心居士の魂を宿した「天馬ヒカリ丸」を呼び出すことができます。ヒーローの足手まといになりがちな弟キャラですが、小助はライオン丸をサポートする重要な役割を担っていました。

『快傑ライオン丸』の評価を決定づけたのが、後半から登場する「タイガージョー/虎 錠之介」でした。最初はゴースンの配下として登場、のちにライオン丸と共闘し、最終回には壮絶な最期を遂げます。

 敵でありながら、完全に悪とはいえない魅力溢れるライバルキャラクターは、それまでの特撮番組にはない画期的なキャラクターです。それ以降、『人造人間キカイダー』の「ハカイダー」、『キカイダー01』の「ワルダー」など、ドラマを盛り上げるライバルキャラが登場していきました。

【他人です】『風雲ライオン丸』のビジュアルをチェックする

画像ギャラリー

1 2 3 4