マグミクス | manga * anime * game

ブライト・ノアの受難 素人が生き延びるのは無理そうなハードモードすぎるその半生

「ガンダム」シリーズのブライト・ノアは、作中屈指の苦労人といえるでしょう。実にハードモードな軍人人生を歩みつつも、それでも一年戦争はじめ様々な戦乱を生き残りました。その浮沈の激しい人生を振り返ります。

「ホワイトベース」も「アーガマ」も実は「二代目」艦長って知ってた?

角川コミックス・エース『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』(シナリオ:福井晴敏/コミカライズ:葛木ヒヨン)書影より、ブライト・ノア
角川コミックス・エース『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』(シナリオ:福井晴敏/コミカライズ:葛木ヒヨン)書影より、ブライト・ノア

「ブライト・ノア」ほど活躍し、そして不遇な人生を送った地球連邦軍の軍人はいないでしょう。アニメ『機動戦士ガンダム』に士官候補生として登場し、重傷を負った「ホワイトベース」の初代艦長である「パオロ・カシアス」中佐より新たにその職を引き継いだことから、彼の、栄光よりも苦難の多い人生がスタートしたのです。

「一年戦争」の時、ブライトはまだ19歳であるにも関わらず、課せられた任務と置かれた状況は過酷極まるものでした。多くの避難民を抱えながら、ほぼ民間人で構成されたクルーで「ホワイトベース」とモビルスーツを運用し、「シャア・アズナブル」を始めとする名だたる強敵の追撃を振り切る、それは熟練の指揮官でも不可能と思える難題です。

 どうしても「アムロ」と「ガンダム」に頼るほかなく、ブライトは、あまりの負荷に耐えかねて出撃を拒否したアムロを殴ったことすらありました。このときのやりとりである「親父にもぶたれたことないのに!」「殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか!」は、序盤でのふたりの関係性を示す屈指の名場面です。しかもこの直後に「お前なら赤い彗星をも超えられるはずだと思っていたんだが」と語りアムロを発奮させるなど、人の心の動かし方も心得ていることが証明されています。

 その後も、アムロの脱走や頼りにしていた「リュウ・ホセイ」の死など多くの困難を乗り越え続けたブライトは、指揮官として飛躍的な成長を見せました。再び宇宙に上がった際に、シャアの座乗する戦闘艦「ザンジバル」による追撃を受けながら、同じく戦闘艦である3隻の「ムサイ」と「リック・ドム」からなる「キャメル パトロール艦隊」を瞬く間に殲滅できたのは、覚醒したアムロの力もありますが、数に勝る敵に対し的確な指揮を行なったブライトの力も大きいといえるでしょう。

 宇宙要塞「ア・バオア・クー」の戦いで「ホワイトベース」が擱座した際には、自ら銃を取り戦い抜き、最後は生存者をまとめて脱出に成功します。一年戦争の英雄のひとりとして、一躍有名人となりました。

【えっ…全部で艦長を?】こちらがブライトさんのフネです(38枚)

画像ギャラリー

1 2