マグミクス | manga * anime * game

クライマックスで「師匠を撃破」フェルンの成長 アニメ2クールでのフリーレンの変化とは?

2クールにわたって放送されたTVアニメ『葬送のフリーレン』も間もなくフィナーレを迎えようとしています。フェルンがフリーレンのコピーを倒して成長を示し、ひとつの区切りを迎えるのは理想的な展開といえます。そしてフリーレンもまた、フェルンやシュタルクと共に成長しています。彼女たちの歩みを振り返ります。

「私、フリーレン様を殺せるかもしれません」

TVアニメ『葬送のフリーレン』第23話「迷宮攻略」より、第二次試験に挑むフリーレンとフェルン (C)山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会
TVアニメ『葬送のフリーレン』第23話「迷宮攻略」より、第二次試験に挑むフリーレンとフェルン (C)山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会

 2クールにわたって放送されたTVアニメ『葬送のフリーレン』も、間もなくフィナーレを迎えようとしています。フェルンがフリーレンのコピーを倒して成長を示し、ひとつの区切りを迎えるのは理想的な展開といえます。そしてフリーレンもまた、フェルンやシュタルクと共に成長しています。彼女たちの歩みを振り返ります。

「もしかしたら私、フリーレン様を殺せるかもしれません」

『葬送のフリーレン』第24話「完璧な複製体」は、フェルンが口にした衝撃のひと言で幕を下ろしました。特に悲壮な覚悟もなく、淡々とした口調で、1000年生きた大魔法使いであるフリーレンの複製を倒せると言い出したフェルンに対し、フリーレンも特に驚くことはなく笑顔で「じゃあ、作戦を立てようか」と答えています。初登場の時点ではまだ小さな女の子だったフェルンが、すでに自分を倒す力を秘めた魔法使いであることに、フリーレンは何の疑いも持っていないことを示すシーンです。

 類まれなる才能を持ち、一般攻撃魔法を圧倒的な速さで連射し、手数で圧倒して強敵たちを打ち破ってきた、フェルンの魔法使いとしての成長速度は驚くべきものがあります。もちろんフェルンの成長とはそれだけではなく、「空が半分しか見えない」レベルの肉体的成長に加え、シュタルクとの不器用なやり取りや、フリーレンの日常生活の世話まで含めた人間的成長も見逃せません。

『葬送のフリーレン』は魔王が倒され、勇者ヒンメルが死んだ後の世界を描いているため、「魂の眠る地(オレオール)」を目指すという目的はあるものの、あくまで中心的に描かれているのはその道中での出来事という作品です。そのためか「登場人物の成長」がストーリーを楽しむ上で重要なポジションを占めています。

 フェルンが魔法で一枚岩を射抜き、シュタルクが巨大な竜を一撃で倒し、共に強大な魔族に打ち勝ち、ダンスを踊る。魅力的なシーンの多くが、「成長」を示すエピソードであることも、『葬送のフリーレン』の大きな特徴といえるでしょう。

【画像】えっ、えっちすぎる…! こちらがフェルンとシュタルクのキュンなシーンです(5枚)

画像ギャラリー

1 2