マグミクス | manga * anime * game

新旧で好き嫌いが分かれがち・再アニメ化3選 「びっくりアニオリ」「声優に違和感」

近年、かつて人気を博した作品が、再びアニメ化されることが多くなってきました。それに伴い、新作と旧作を比べて、ネット上では「こっちのが好き」「前のほうが良かった」などの意見が飛び交っています。好き嫌いが分かれる、新旧のアニメ作品を振り返ります。

結局、先に観た方が好きになる?

2003年の最初のアニメ版『鋼の錬金術師』の原作改変は物議をかもした 画像は『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』キービジュアル (C)荒川弘・HAGAREN THE MOVIE
2003年の最初のアニメ版『鋼の錬金術師』の原作改変は物議をかもした 画像は『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』キービジュアル (C)荒川弘・HAGAREN THE MOVIE

 近年、かつての人気作品が続々と再アニメ化されています。2024年冬アニメとして放送中の作品でいえば、『うる星やつら』や『銀河英雄伝説 Die Neue These』、劇場版では2024年2月にBlu-ray・DVDが発売されて話題の約26年ぶりの映像化『THE FIRST SLAM DUNK』などが挙げられます。再アニメ化作品は、ネット上で「新旧どちらの方が面白いか」という話題で熱い議論が交わされることも少なくありません。新旧どちらも評価が高く、比較されがちなアニメ作品を見ていきます。

●『鋼の錬金術師』

「月刊少年ガンガン」で連載された『鋼の錬金術師』(作:荒川弘)は、錬金術が発達した世界を舞台にしたファンタジーアドベンチャーで、2003年と2009年の2度、アニメ化されています。

 2003年版『鋼の錬金術師』の大きな特徴は、原作が完結していない段階で始まったために、マンガ版とは異なる結末になることがあらかじめ決められていた点です。全51話中にアニメオリジナルのエピソードが多くあります。例えば、原作よりも出番が増えた「ロゼ」に救いようのない悲劇が襲いかかります。また、作中の世界とは別に現実世界が平行して存在することが明らかになるなど、「原作改変」がかなり目立つ作品でした。

 最終話に至っては、主人公の「エド」が現実世界である1921年のドイツ・ミュンヘンに転生して、TVシリーズの幕が閉じます。そして、劇場アニメ第1作『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』に続くのです。

 一方で、原作の連載終了が近づいた2009年から放送された『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』は1作目と違い、原作に準拠した内容で描かれ、全64話で完結します。また、「月刊少年ガンガン」掲載の最終回と合わせるため、1クール(3か月)延長させ、ほぼ同時に完結を迎えたことでも話題になりました。

「アニメオリジナル要素が強い1作目」と「原作に忠実な2作目」という分け方になるなかで、視聴者も「アニオリが多いけど、よく作り込まれた1作目の方が好き。劇場版も名作」「声優が第1作のがいい」「原作改変が激しくて萎えたので、断然新作派」などと好みが別れています。

●『HUNTER×HUNTER』

日テレ版『HUNTER×HUNTER選挙編』Blu-ray & DVD BOX(バップ) (C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・マッドハウス
日テレ版『HUNTER×HUNTER選挙編』Blu-ray & DVD BOX(バップ) (C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・マッドハウス

「週刊少年ジャンプ」にて1998年から連載が始まり、休載などの理由でいまだに未完結の『HUNTER×HUNTER』(作:冨樫義博)は、偉大なハンターを目指す主人公の「ゴン=フリークス」を中心に、「レオリオ」や「クラピカ」といった仲間たちとの冒険劇を描いた作品です。アニメ化は1999年から放送されたフジテレビ版(通称:フジ版)と、2011年にリメイクされた日本テレビ版(通称:日テレ版)の2作品が存在します。

 1作目となるフジ版は『鋼の錬金術師』の1作目と同様に、連載に追いつかないよう、アニメオリジナルのストーリーが挿入されています。原作に追いつく直前で、全62話の放送が終了。さらに続編のOVAが第3期まで制作され、1作目は「グリードアイランド編」までが描かれました。

 ちなみに、ハンター試験において、トリックタワーの外壁をつたって降りようとしたモブ役を、原作者の冨樫先生が演じていることも注目点です。

 フジ版からスタッフ・キャストを一新した2作目の日テレ版は、全148話が放送されました。描かれたのは、1作目よりも先の話である「会長選挙・アルカ編」までです。また、放送時間が深夜帯に変更されました。一説によれば、グロテスクな描写が多い「キメラ=アント編」が始まったために、深夜帯に移ったといわれています。

 やはりアニメ版『HUNTER×HUNTER』も新旧の好き嫌いは分かれており、「正直、先に観た方が好きになるけど、やっぱりフジ版の声優と絵のタッチの方がしっくりくる」「原作をおさらいできるし、テンポよく進んでくれるから日テレ版かな」などとファンの間で意見が交わされています。

【画像】え…ビジュアルも「うーん?」 こちらがファンから悲鳴が上がった、再アニメ化に絶望したアニメです(5枚)

画像ギャラリー

1 2