マグミクス | manga * anime * game

「スパロボ」で知った『聖戦士ダンバイン』の無情な結末 富野由悠季監督「らしさ」

精いっぱい生きようとする『聖戦士ダンバイン』のキャラクターたち

プレイステーション用ソフト『スーパーロボット大戦EX』(バンプレスト)
プレイステーション用ソフト『スーパーロボット大戦EX』(バンプレスト)

 最初に驚かされたのは、1話で主人公機であるはずのダンバインに乗っていたキャラクター、トカマクがあっさり撃墜されて墜落死したことでした。

『スーパーロボット大戦』シリーズのイメージが強かったこともあり、このシーンには「え? ダンバインってこんなあっさりやられるの?」と唖然とさせられました。

 その後もさまざまなキャラクターが次々と現れては亡くなる光景に、小さい頃に観た『機動戦士ガンダム』や『伝説巨神イデオン』を連想したので調べてみれば、監督は同じ富野由悠季氏。富野監督が「皆殺しの富野」と呼ばれるほどに登場人物を退場させるタイプの方だと認識したのがこの時だったと思います。子供の頃は当然、誰が監督かなんて、気にしたこともありませんでした。

 また、特に印象に残った点としては、中世ファンタジー風の世界観のなかを、オーラバトラーが闊歩している不思議な光景です。今でこそ中世ファンタジーは認知度を上げていますが、日本にファンタジーを普及させる大きな原動力となった『ロードス島戦記』の1巻は1988年刊行なので、『ダンバイン』当時は人びとにあまり馴染みがないジャンルだったのではないでしょうか。富野監督のチャレンジ精神が強くうかがえます。

 登場人物の生々しさも、子供向けとは思えない点がありました。野心をむき出しにしながらもどこか人間臭さを残しているアの国の国王ドレイク・ルフト。その妻ルーザはクの国の王ビショットと不義の関係にあり、娘のリムルは敵対勢力であるニー・ギブンの元へ走り両親と戦います。主人公のショウ・ザマは両親と不仲で、父親は不倫中。ライバルのバーン・バニングスはショウを討とうとしますが果たせず「私は騎士の出のはずだ!」と涙を流します。トッド・ギネスは出世のため、母親に良い生活をさせてやりたいと戦いに身を投じ、激戦の末に散りました。

『ダンバイン』をすべて見終えた筆者が感じたのは、皆、自分の人生を精いっぱい生きようとする人間だったのだ。皆が自分の全てをかけて戦い、無情な結末を迎えたのだという寂寥感でした。大変な傑作であると感じましたが、子供の頃の自分が観ていたら面白いと感じたかは正直怪しいとも思えます。

もしも昔、『ダンバイン』を観て「つまらない」と感じた方がいらしたら、今改めて観ることをお勧めします。あの頃は分からなかった面白さが、理解できるようになっているかもしれません。

●聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX PV第1弾

(ライター 早川清一朗)

【画像】『ダンバイン』物語の序章を彩る「異形の機体」、ダーナ・オシー(6枚)

画像ギャラリー

1 2