マグミクス | manga * anime * game

最初「違う」「イケメン過ぎ」と思ったら 後で「評価逆転」した実写版主人公たち 

マンガやアニメの実写化において、やはり気になるのはキャスティングでしょう。なかには、最初は「イメージと違う」と批判の声が多かったものの、演じた俳優の努力、実力で最終的には評判を巻き返した「主人公キャラ」もいました。

次回作ではさらなる「筋肉再現」にも期待?

山崎賢人演じる杉元佐一。映画『ゴールデンカムイ』場面カット (C)野田サトル/集英社 (C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会
山崎賢人演じる杉元佐一。映画『ゴールデンカムイ』場面カット (C)野田サトル/集英社 (C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

 これまで、数多くのマンガやアニメの「実写化」が作られてきました。その際はやはり、原作の再現度を気にするファンが多く、特にキャスティングに関しては重要事項のひとつとされています。そんななか、最初は「違う」と言われていましたが、最終的にその評判を取り返した「主人公キャラ」もいました。

 最近では『ゴールデンカムイ』の主人公で、日露戦争の英雄「不死身の杉元」こと「杉元佐一」を演じた山崎賢人さんが、公開前と公開後で評価が逆転した代表例ではないでしょうか。キャスト発表時、実写版『キングダム』の「信」役のイメージもあって、「杉元にしては細すぎるのでは」「不死身感が薄い」「アクションは期待できるかもだけど杉元とは違う」などの意見も多く出ていました。

 しかし、予告編での「俺は不死身の杉元だ!」の言い方の再現度や身のこなしで、「これは期待できるのでは」という意見も出ており、公開後には山崎さん演じる杉元に「冒頭のアクションが凄すぎて『アンタが杉元や…』って認めざるを得なかった。なにより立ち姿のフォルムがマジで杉元。原作の作画そのまま」「アシリパさん(演:山田杏奈)とご飯食べたり動物を愛でたりしてるときは優しさあふれる青年だけど、戦闘モードに入ると一気に優しさがなくなって鬼になる感じがまんま杉元」「信の時と動きや体つきが全然違うのが凄い」と、絶賛が相次ぎます。

 山崎さんは撮影前に筋肉だけで10kgの増量をし、劇中の銭湯の場面で披露された杉元の肉体を再現しました。また、三十年式歩兵銃の扱い方や、柔道、銃剣でのアクションも特訓して身に着け、さらに脱獄王「白石由竹」(演:矢本悠馬)と極寒の北海道の川に落ちる場面も吹替なしで演じています。

 まさに全力で杉元を演じた山崎さんに関しては、2024年秋にWOWOWでドラマとして放送予定の続編でも期待が集まっています。今後、「海に全裸で飛び込む」「ラッコ鍋を食べて悶々とし、服を脱いで男だけで相撲を繰り広げる」「温泉に入った後に『フリチン』でバトル」「ロシアの伝統競技『スチェンカ』を行い上裸で殴り合う」など、肉体美を披露する『ゴールデンカムイ』ならではの場面の再現にも要注目です。

 そのほか、福本伸行先生の「カイジ」シリーズの、実写映画『カイジ 人生逆転ゲーム』のキャスティングも話題となりました。友人の保証人となったことで、多額の借金を背負うことになってしまった主人公の「伊藤開司」(カイジ)が、さまざまなギャンブルゲームに挑んでいく物語です。

 この主人公のカイジ役に抜擢されたのが、藤原竜也さんでした。このキャスティングには、体つきや顔立ちが真逆で、いわゆる「原作キャラの美化」ではないかと、ネット上で違和感を覚えた反応も出ていたようです。

 しかし、公開後には「世界一ビールを美味しそうに飲む男が再現されてた」「似てないのに似てるの何なん」「ときどき何言ってるかわからないくらい雄叫び上げるけど、これぞカイジって感じ」「鉄骨渡りのシーンは何回見てもこっちまでハラハラする」「最後の利根川とのバトルの緊迫感は藤原竜也の演技力あってこそ」など、藤原竜也版カイジは評価を得ていきました。

 藤原さんは2023年11月にTV番組『日曜日の初耳学』に出演した際、原作でも有名なカイジが地下で「キンキンに冷えたビール」を飲むシーンを演じるために、実際に1か月禁酒したことを語っています。2020年までに3作が作られた「カイジ」シリーズの実写映画は、藤原さんが主演を継続し、いつの間にかカイジといえば「藤原竜也」が定着しました。また、藤原さんはかなりの競馬好きであることも認知され、一部で「リアルカイジ」と呼ばれるようにもなります。

【画像】え…っ?「アシリパさんがまんま」「鶴見中尉も完璧」 こちらが改めて見ても再現度高すぎな実写『ゴールデンカムイ』キャストたちです(4枚)

画像ギャラリー

1 2