マグミクス | manga * anime * game

格ゲーアニメ化の先駆け『バトルファイターズ 餓狼伝説2』舞の登場シーンに大歓喜!

「にっぽんいちぃ!」

『NEOGEOオンラインコレクション 餓狼伝説バトルアーカイブズ2』(SNKプレイモア)
『NEOGEOオンラインコレクション 餓狼伝説バトルアーカイブズ2』(SNKプレイモア)

 不知火舞(以下、舞)は『餓狼伝説2』で初登場したアンディの幼なじみのくのいちで、その圧倒的なスタイルとあちらこちらが全然隠れてない衣装、そして勝利ポーズ時の胸揺れなどで極めて強い印象を残した、今なお対戦格闘ゲームヒロインの代表格とも言えるキャラクターです。

 アニメ版のキャラクターデザインは、TVアニメ『機甲戦記ドラグナー』の前期オープニングアニメで一世を風靡した大張正己(おおばりまさみ)氏。事前に公開された大張氏が描いた舞は、期待通り、いや期待以上の肉感的なキャラクターに仕上がっており、果たして放送時にはどのような活躍を見せてくれるのかが楽しみでたまりませんでした。

 そして本放送時、舞の登場シーンは飛ぶ、揺れる、見えるの連続で大変に楽しませてくれました。私服姿も見せてくれましたし、戦闘時もかなりの強さを発揮していましたが、最終的には敗れて人質にされるなど、最初から最後までまったく期待を裏切りませんでした。

 もちろん本編のストーリーも見事なもので、テリーの敗北から再起、新たなる挑戦までを見事に描き切った良作として仕上がっていました。本作の放送後にはテレビ局に約2000通のファンレターが届くほどの人気ぶりを見せたため、翌1994年にはオリジナルの劇場版も製作されています。格闘ゲームアニメ化の先陣を切った作品として、そして良質な対戦ツールとして、『餓狼伝説』シリーズは今なお印象深いタイトルと言えるでしょう。

(ライター 早川清一朗)

【画像】男性から絶大な人気「不知火舞」の姿

画像ギャラリー

1 2