マグミクス | manga * anime * game

『ガンダム』12月31日は「一年戦争」が終わった日 破滅的な大戦争を振り返る

TVアニメ『機動戦士ガンダム』1話は9月18日の出来事

 1月15日、ジオン軍は再度ジャブローめがけてコロニーを落とすべく、サイド5のルウムへと移動を開始。連邦軍も再度のコロニー落としを阻止しようと戦力をかきあつめ、「ルウム戦役」が勃発します。この戦いでジオン軍のモビルスーツ部隊は連邦軍の戦闘機中心の部隊を圧倒し、シャア・アズナブルは5隻の戦闘艦艇を撃沈、黒い三連星が地球連邦軍の最高指揮官であるレビル将軍を捕らえるなどの活躍を見せ、ジオン軍が勝利します。しかし受けた損害もまた甚大であり、戦力不足は一層深刻化していくのです。

 1月31日には戦時条約である南極条約が締結され、一旦戦闘は途切れますが3月1日にはジオン軍は地球降下作戦を開始、速やかな制圧を目論みますが連邦軍の抵抗に遭い膠着状態に。

 そして9月18日、シャア・アズナブル少佐がサイド7で極秘裏に進行していた連邦軍のモビルスーツ開発計画の情報をつかんで潜入作戦を行い、TVアニメ初代『ガンダム』の物語は遂に始まりを迎えるのです。

 北米、オデッサ、ジャブロー、ソロモン、ア・バオア・クー。数々の激戦を潜り抜けたアムロ・レイとホワイトベースのクルーたちがランチでア・バオア・クーを脱出したのが宇宙世紀0079年の12月31日、翌0080年1月1日にはグラナダで終戦協定が結ばれ、ジオンと連邦の戦いは終わりを迎えます。

 初代『ガンダム』以外にも一年戦争を取り扱った作品は数多く、OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』では一年戦争末期にジオン軍が「ガンダムNT-1」の奪取・破壊を目的として実行した「ルビコン作戦」が描かれています。OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』では陸戦型ガンダムをはじめとする本格的な地上戦が登場。『機動戦士ガンダム MS IGLOO』では一年戦争のさまざまな局面が新たな解釈を盛り込みながら描かれました。

 さらには一年戦争の3年後を扱った『機動戦士ガンダム0083』、0087年を舞台とした『機動戦士Zガンダム』、その翌年の『機動戦士ガンダムZZ』、0093年の第二次ネオ・ジオン抗争こと「シャアの反乱」と、一年戦争がもたらした時代の変化が次々と戦いを巻き起こしていきます。

 そして0096年を舞台とした『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』では一年戦争時代のジオンのモビルスーツが登場し、横浜には等身大の動くガンダムが鎮座、ガンプラは飛ぶように売れ続けるなど、一年戦争は今なお創作にもリアルにも影響を与え続けています。おそらくこれからも一年戦争はさまざまな形で私たちの目の前に姿を現してくれるでしょう。どこまで追いかけられるかは分かりませんが、可能な限り、追い続けていきたいと思います。

(早川清一朗)

1 2 3