マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』から考える「鬼」 日本と海外の「鬼」の共通点とは

アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の放送開始日も発表され、まだまだ盛り上がりを見せる『鬼滅の刃』。新たに登場する鬼たちがどう描かれるのかも注目されています。この記事では……あらためて「鬼」とはどういうものなのか、日本と海外の「鬼」についてご紹介します。

「鬼」と「神」は紙一重?

鬼の始祖・鬼舞辻無惨が表紙 著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第22巻(集英社)
鬼の始祖・鬼舞辻無惨が表紙 著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第22巻(集英社)

 アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の放送開始日が2021年12月5日(日)発表され、竈門炭治郎と新たな鬼との戦いの日が近づいてきました。炭治郎たちの最終目標といえば、鬼の始祖・鬼舞辻無惨を倒すことです。この記事では改めて「鬼」とは何なのか? 日本と海外の「鬼」についてご紹介します。

●日本の「鬼」とは

『鬼滅の刃』での鬼の始まりは、ラスボス・鬼舞辻無惨です。平安時代から千年以上も生き続けている鬼舞辻無惨は、元々体の弱い青年だったのが、とある医者が作った薬を飲んだことがキッカケで「鬼」となり、圧倒的な戦闘力と自分の血を注入することで他の人間を鬼にすることができる能力を手に入れました。メンタル面でも自らが持つ心臓7つと脳5つをフルに活かした部下へのパワハラ力はマンガ・アニメ界随一です。そのイメージは、日光が弱点であったり赤い目をしていたりという面から「吸血鬼ドラキュラ」に近い存在となっています。

 一方、日本の歴史で「鬼」とはどういう存在だったのかというと、未知の力を持った脅威などの象徴としてとらえられていたようです。例えば時の政府に逆らう異端の者を指したり、当時日本では珍しかった外国人のことだったり。また、その他にも台風や地震や雷などの自然災害も「鬼」によるものと考えられていたそうで……自分たちの生活を脅かす可能性のある圧倒的な力の存在が時代によって「鬼」として語り継がれて来たとのこと。ちなみに『日本書紀』や『風土記』などの古い記録では「鬼魅」「魑魅」「疫鬼」などいろいろな表記で出てくるそうです。

 こうした経緯もあり「鬼」は凶悪で恐ろしいものとして人々からイメージされることが多いですが、地域によっては神様として祭られ、人々に福を与える存在となっている「鬼」も多いそうです。確かに、誰かにとっては恐ろしいものでも他の人にとっては助けとなる救いの存在という場面も多くあるもの……鬼舞辻無惨も力の使い方が違えば「神」と呼ばれていたかもしれません。

海外での「鬼」はどんな存在?

『鬼滅の刃 遊郭編』では鬼舞辻無惨に近い血を持つ鬼・上弦の陸と戦う (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『鬼滅の刃 遊郭編』では鬼舞辻無惨に近い血を持つ鬼・上弦の陸と戦う (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が全世界の累計来場者数が4000万人を越える大ヒットとなり、海外でも大人気となった『鬼滅の刃』。英語で『Demon Slayer(デーモンスレイヤー)』と題されています。「鬼」は「demon(デーモン)」、鬼殺隊は「Demon slayer corps(デーモンスレイヤーズコー)」となるそうですが……続いては海外での「鬼」についてです。

●人々を守る海外の「鬼」

 先ほど、日本では「鬼」が地域によっては「神」として祭られていることを述べましたが、海外にもそんな「鬼」がいます。例えばバリ島には「バジ鬼」という子供の姿で角と牙を生やした鬼がいるのですが、日本のお地蔵さんのように道で祭られており、人々を病気や事故から守ってくれると言われているそうです。そのほか、インドネシアの島々では「バロン」という聖獣が守り神として祭られていますが、その見た目は赤い顔に大きな牙をしていてまさに「鬼」のような姿。沖縄のシーサーにも似ています。

●「鬼」は元々「神様」?

 そんな海外での「鬼」の始まりはというと、元々は「神」だったものが「鬼」に変えられていったという話があります。日本では「八百万の神」というように、この世界にはたくさんの神様がいると考えられていますが、海外では1人だけの神様を信じるのが主流です。そうすると……戦争などによって土地の支配者が変わり、新たな宗教が入って来ると、それまであった宗教は異端視されて排除されてしまいます。これによって元々は「神」だったものが「悪魔=鬼」として扱われるようになってしまうのです。例えば「サタン」や「デビル」などの言葉も「神=善」をより際立たせるために悪の部分が強調されていったという話もあるそうです。いずれにせよ日本も海外も「鬼」と「神」の関係性には似た部分が多いように思われます。

●「鬼」の弱点は匂い?

 最後に「鬼」の弱点についてです。日本では「柊の葉」と「鰯の頭」と言われています。焼いた鰯の頭を柊に刺して作る「柊鰯(ひいらぎいわし)」を家の戸口に吊しておくとその煙や匂いで近づけないのだそうです。よくドラキュラの弱点として言われるニンニクもその強い匂いが魔除けに効くからと言われていますが、ポイントはどちらも「匂い」と言えそうです。『鬼滅の刃』でも鬼の弱点として、「藤の花」がお香などとして登場します。

 たくさんの似た部分があった日本と海外の「鬼」。長い年月が経った未来では今とはまた違ったイメージになっているかもしれません。

(吉原あさお)

【画像】仇ながら人気の鬼・猗窩座の躍動感あふれる姿(6枚)

画像ギャラリー