マグミクス | manga * anime * game

人間なのか絶妙にわからない有名キャラ3選 チャオズはキョンシー?

『アンパンマン』のジャムおじさんは人間でしょうか?超有名作品であっても、言われてみれば人間かどうかがよくわからないキャラクターがたくさんいます。その正体を調査してみると意外な事実も明らかになりました。

正体不明キャラから世界観がよくわかる!

チャオズが表紙に描かれた『ドラゴンボール』完全版9巻(集英社)
チャオズが表紙に描かれた『ドラゴンボール』完全版9巻(集英社)

 人間の姿をしているからって人間とは限らないのが、アニメ・マンガの世界です。鬼だったり、悪魔だったり、あるいはヒューマノイドだったり……、ときにその「正体」が物語の鍵を握っていることもしばしば。また人間以外の種族を登場させることで、異種族が共存している世界を表現するなんてこともあるでしょう。どちらにせよ「人間」であるかどうかの線引きは、はっきりとしているのがほとんどです。例えば、いくら地上最強の生物と言われようと「刃牙」シリーズ(著:板垣恵介)の範馬勇次郎も人間です。

 一方、超有名作品に登場するのに、作中でその種族が明言されていないため「人間」なのかあやふやというキャラクターも少なからずいます。この記事では何者なのかいまいち謎なキャラの素性を改めて紹介します。

●浮いているし、ほぼキョンシーだけど……『ドラゴンボール』のチャオズ

『ドラゴンボール』のチャオズ(餃子)は、果たして人間なのでしょうか。一般的な感覚では、答えはNOかもしれません。浮いていますし、体は白いですし、年をとりませんし、何より見た目の「キョンシーみ」が強すぎます。しかし孫悟空がサイヤ人、そしてクリリンは鼻が無かろうが地球人と明言されているのに対し、チャオズが何者なのかに関する言及は曖昧です。天津飯は「三つ目人」という種族の末裔であると明かされましたが、チャオズが何者かに関しては未だにぼんやりとしたまま。

 とはいいながらも、そもそも『ドラゴンボール』の世界では子豚のウーロンなどが当然のように暮らしており、国王も犬です。「人間」自体の定義が茫漠としています。チャオズはその混沌の一部を担うキャラとしても重要といえるでしょう。

●ロックマンは改造人間なのかロボットなのか……?

 超人気ゲーム「ロックマン」シリーズの主人公・ロックマン。彼は改造を施された少年なのか、はたまた完全なるロボットなのか、なんとなくプレイしていた人からすれば絶妙に即答しかねる存在です。

 1987年発売の初代『ロックマン』の設定を改めて見てみましょう。そこには工業用ロボット開発の第一人者であるライト博士が、普段より息子のように可愛がっている家庭用ロボットだった「ロック」を戦闘用に改造して「ロックマン」にしたとあります。つまり戦闘用に改造されてはいますが、そもそもロボットだったのです。なんとも愛らしいあの性格は博士の設定と教育によって形成されたものだった、と考えるのが妥当でしょう。

 さて1993年発売の続編『ロックマンX』はどうでしょうか。「X」は「ロックマン」の時代から100年ほど経過した、人間と人間同様の思考能力を持つ「レプリロイド」が共存する世界が舞台。主人公ロックマンXはそのなかで人間に危害を加えるレプリロイド「イレギュラー」を処理する、「イレギュラーハンター」の第17部隊に所属しているという設定でした。だいぶハードSFテイストな設定を背負って誕生したのが、「ロックマンX」だったのです。

1 2 3