マグミクス | manga * anime * game

「ジャンプ」の看板作品といえば? ドラゴンボール、ワンピ、ジョジョ…【アンケ結果】

数多くのヒット作を輩出してきた「週刊少年ジャンプ」。実に50年以上にわたって少年たちに夢を与えてきた同誌において、「看板作品」といえば何を思い浮かべるでしょうか? マグミクス編集部では、2022年3月30日~4月6日までの期間、「アナタにとってのジャンプ看板作品は?」と題しアンケートを実施しました。

歴代の名作が勢ぞろい! 時代を超えた戦いの勝者は…

彼らの活躍に胸が躍る! Z戦士が集合した『DRAGON BALL』第30巻(著:鳥山明/集英社)
彼らの活躍に胸が躍る! Z戦士が集合した『DRAGON BALL』第30巻(著:鳥山明/集英社)

『呪術廻戦』や『鬼滅の刃』などブームまっただなかの作品のほか、『DRAGON BALL』や『SLAM DUNK』など時代を超えて愛される「週刊少年ジャンプ」の大ヒット作。これらは「ジャンプの看板マンガ」と呼ばれ、表紙やセンターカラーを飾ってきました。そんなジャンプ看板作品ですが、思い入れのあるマンガは人それぞれ、世代によっても異なります。

 そこでマグミクス編集部では、「アナタにとってのジャンプ看板作品は?」と題して、2022年3月30日~4月6日までの期間アンケートを実施しました。作品投票数1211票が集まった、熾烈(しれつ)な戦いを勝ち抜いた作品は?

●第4位『ジョジョの奇妙な冒険』(82票)

 世代を超えて愛される「ジャンプ」屈指の人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』。同作は「Part1 ファントムブラッド」から始まり、現在では「Part8 ジョジョリオン」まで物語が紡(つむ)がれています。「Part3 スターダストクルセイダース」が好き、「Parte5 黄金の風」が好き……といったように、ファンが「推しパート」を熱く語れるのが『ジョジョ』最大の魅力。シリーズごとにガラリと変わる物語展開は、いつの時代も読者を楽しませてきました。

【回答者コメント】
・ジョジョは漢(おとこ)のロマンの塊
・いまだにシリーズを連載されていて素晴らしい。どのシリーズも見応えある傑作だと思います
・人生の中で一番の看板作品です。頭脳明晰の熱いバトルで読む度に胸が熱くなります
・格闘マンガでは珍しい、読者さえも驚かすほどの頭脳戦が好き

 2021年に「Part8 ジョジョリオン」が完結したばかりですが、なんと「Part9」始動の準備も進んでいる様子。次はどんな物語が描かれていくのか、今からワクワクが止まりませんね。

●第3位『NARUTO -ナルト-』(105票)

 日本のみならず世界中で大ヒットした忍者バトルマンガ『ナルト』。コミックスは全72巻に及び、15年以上にわたって愛され続けてきました。「落ちこぼれ」と言われた落第忍者のうずまきナルトが、里の長である「火影」を目指すひたむきな物語に、勇気をもらったという読者も多いのではないでしょうか。

【回答者コメント】
・単純な面白さだけではなく、平和とは何か、友情とは何かなど、さまざまなことを考えさせられるから
・主人公のナルトが自分は落ちこぼれでも諦めないど根性、仲間同士の感動シーンがとても好き
・名言や感動するところが多い
・ジャンプ作品の醍醐味である友情・努力・勝利が強く作品内で感じられる

 斬新な戦闘描写、独特な構図、個性あふれる魅力的なキャラクターは、当時「ジャンプ」に新たな旋風を巻き起こしました。岸本斉史先生の作り出した唯一無二の世界観は、これからのマンガ界にも多大な影響を与えていくに違いありません!

●第2位『DRAGON BALL』(177票)

 2位にランクインしたのは、国民的人気マンガ『DRAGON BALL』。1984年、ブルマと悟空の出会いから始まった壮大な物語は、30年以上経った現在も多くの人の心に残り続けています。

【回答者コメント】
・ジャンプの「看板作品」はこれ以外にありえない。はっきり言ってドラゴンボールは格が違う
・ドラゴンボールは連載終了後もアニメ、ゲームが新しくでて参入者がどんどん増えている
・今もなお読者に愛され続けているマンガ! かめはめ波は思わず真似したくなります
・ジャンプといって最初に思い浮かべる作品

 なお、ついに新作映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の公開が2022年6月11日(土)と間近に迫ってきました。今作では悟飯やピッコロが活躍する、これまでとは一風変わった映画になる様子。もしかすると、『DRAGON BALL』の新たな一面が楽しめるかもしれませんね。

1 2 3