マグミクス | manga * anime * game

安西先生は何を教えてる? 担当教科が気になる教師キャラたち 鬼塚が教える「社会」

安西先生は「顧問」ではない?

みんなの尊敬を集める安西先生が表紙の『SLAM DUNK』完全版7巻(集英社)
みんなの尊敬を集める安西先生が表紙の『SLAM DUNK』完全版7巻(集英社)

●『SLAM DUNK』の安西先生はそもそも「教員」なのか?

 マンガ史で最も尊敬されている「先生」のひとりは、『SLAM DUNK』(著:井上雄彦)の湘北高校バスケ部の名将・安西先生こと安西光義でしょう。カーネル・サンダースのような見た目や朴訥とした雰囲気とは裏腹に、鋭くも的確な助言で選手を導きます。

 さて、そんな安西先生ですが、今思えば教壇に立っている姿は描かれません。それもそのはずで、安西先生は「顧問の先生」ではないのです。では何者かといえば、「監督」でした。

 もともと全日本の選手だった安西先生は、のちに大学バスケ界隈において鬼監督として恐れられる存在となります。しかしながらこの時代に、目をかけていた選手・谷沢とのすれ違い、そして死を経験。以降、長らくバスケとは距離を置いていたのです。

 そんな彼がなぜ、弱小で公立の湘北高校バスケ部監督に就任したのか。これ関しては今なお議論がわかれるところですが、少なくとも授業を受け持ちながら放課後に部活に顔を出す、「顧問」というポジションではありません(鈴木先生という別の顧問が登場していました)。それでも「先生」と呼ばれているのは過去の実績、そしてその人徳がゆえでしょう。

 以上、3名の先生たちを「担当教科」からそれぞれ掘り下げてみましたが、なるほど鬼塚の「社会科」も川藤の「現代国語」も彼らの人となりを実によく表していますし、安西先生においては「教員」でなくとも、「先生」と呼ばれるだけの風格が備わっています。

 ちなみに、マンガならではのありえない教科として、アメフトマンガ『アイシールド21』に登場した強豪・神龍寺ナーガの監督・仙洞田寿人(せんどうだ・すみと)の担当科目「座禅」がありました。神龍寺という学校の雰囲気には合ってますが、これに関しては、「そんな科目は高校にいらない」と生徒たちから不評のようです。

 2022年度より小学校の「教科担任制」が本格導入されました。これにより担任の先生も「自分の専門教科」を持つことになります。これがアニメの『ドラえもん』(原作:藤子・F・不二雄)におけるのび太の先生や、『サザエさん』(原作:長谷川町子)のカツオやワカメの担任の描き方にどう影響を与えるのかも、注目したいところです。

(片野)

【画像】担当教科も気になる?マンガの人気先生キャラたち(5枚)

画像ギャラリー

1 2