マグミクス | manga * anime * game

パパと子どもが主役のグルメマンガ3選  「今ある幸せ」読んで噛みしめる?

苦手な料理に一生懸命な姿に、思わずキュンとする?

 『パパと親父のウチご飯』第1巻  (C)豊田悠/新潮社
『パパと親父のウチご飯』第1巻  (C)豊田悠/新潮社

『パパと親父のウチご飯』は、それぞれの事情で突然シングルファーザーになってしまった千石と晴海、その子どもたちの同居生活を描いた作品。千石は、料理はできますが子どもと自分の味覚の違いに悪戦苦闘。晴海にいたっては包丁にトラウマがあり、料理の経験もまったくありません。

 そんなことはお構いなしの子どもたち、千石愛梨と晴海清一郎は選り好みが激しく、自分が食べたいものしか食べようとしません。

 でも、それでもやっぱり家族であり、父親です。子どもたちを笑顔にしたい、ちゃんと栄養のあるものを食べさせたいと考え、2人とも親子で料理教室に通い始めます。そうして少しずつ子どもたちとの距離を縮めていきます。性格も料理の腕も全く違う千石と晴海ですが、それぞれ一生懸命子どもに愛情を注ぎ、本人なりに向き合っているのです。

 この2つの家族の生活が同時に描かれる『パパと親父のウチご飯』は、比較的アップテンポでドタバタ色が強く、子育てのリアルが伝わってくる作品ですが、一方ゆったりとした親子のひとときを見ることができるのが、『甘々と稲妻』です。

『甘々と稲妻』は、死別によってシングルファーザーになってしまった数学教師・犬塚公平と、その娘・犬塚つむぎ、そして公平の教え子・飯田小鳥の、「食」で繋がる日常を描いた作品です。

 公平は料理の経験がなく、仕事もあるため外食やお弁当、冷凍食品やパンなどで日々の食事をつないでいました。しかしある日、つむぎが料理番組にくぎ付けになっているところを見てしまいます。公平はそこで初めて「食」の大切さに気付き、自分で料理を作る決意をするのです。

 同作品では、料理をする工程がとても丁寧に描かれます。ご飯を炊き、野菜を切り、出汁をとり、こむぎと一緒にこんにゃくをちぎる。丁寧にあくをとって、味見をして、できたごはんを一緒にを食べる。そのひとつひとつが、そして料理の間の待ち時間までもが、ある種のコミュニケーションであり、大切な時間なのだと伝わってきます。『甘々と稲妻』は、忙しい毎日を送っている私たちにとっても、心のオアシスになってくれる作品なのです。

 今回紹介した3作品に共通して言えることは、人にはいろいろな愛の形があり、いろいろな幸せの形がある、ということではないでしょうか。誰もが経験している「食事」の描写が、作品と読者との共感の橋渡しをしているように思います。

 日々を忙しく生きていると忘れがちなことが、これら3作品にはめいっぱい詰まっています。食を通して、グルメマンガを通して、“今ある幸せ”を改めて感じてみてはいかがでしょうか。

(きこなび 月乃雫)

【画像】人気のパパ飯マンガ、「そうくるか!」のコラボも(8枚)

画像ギャラリー

1 2