マグミクス | manga * anime * game

「知らない作品だな」「面白いの?」←でもディズニーファン大歓喜の理由 「金ロー」ディズニー4週放送

「金曜ロードショー」では2023年11月17日(金)から4週連続でディズニー作品が放送されます。ファンの投票で決まった上映作品のなかには、あまり世に知られていないものも見受けられました。マイナーでありながらファンが放送を熱望する理由はどこにあるのでしょうか。

視聴者投票で選ばれた4作品の魅力は?

地上波初放送となる『ミラベルと魔法だらけの家』ポスタービジュアル (C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
地上波初放送となる『ミラベルと魔法だらけの家』ポスタービジュアル (C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー100周年を記念して、「金曜ロードショー」(日本テレビ)では2023年11月17日から4週連続でディズニー作品が放送されます。今回放送される『ミラベルと魔法だらけの家』(11月17日)、『ノートルダムの鐘』(11月24日)、『プリンセスと魔法のキス』(12月1日)、『ズートピア』(12月8日)の4作品は、視聴者投票によって選ばれた作品ということもあり、放送を楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

 今回選ばれた4作品はディズニー作品のなかで比較的認知度が低い作品が多いようです。それにもかかわらず、これらの作品をおすすめにあげるディズニーファンが多く存在するのはなぜでしょうか。それぞれの作品の魅力をみてみましょう。

●『ミラベルと魔法だらけの家』

 2021年に製作された『ミラベルと魔法だらけの家』は、今回の「金曜ロードショー」が地上波初放送となります。本作は、南米コロンビアを舞台に、魔法にあふれた家に暮らす少女ミラベルの活躍を描くミュージカルファンタジーです。

 ミラベルの家族である「マドリガル家」の人びとは、一定の年齢になる(ミラベルの場合は5歳)と、「カシータ」と呼ばれる魔法の家にあるドアの前に立ち、その扉を開けることで、花を咲かせたり天気を操ったりと、それぞれに異なる「魔法」の力を与えられました。ところがミラベルは、「マドリガル家」の血を引く人びとのなかで唯一、扉から魔法の力を与えられなかったのです。

 視聴者は、自分が魔法の力を持っていないことに葛藤しつつ、それでも家族のために奮闘するミラベルの姿に胸が熱くなることでしょう。では『ミラベルと魔法だらけの家』は、ディズニーファンからどんな評価を与えられているのでしょうか。

 ネット上では、「『家族』について深く考えさせられる」「物語のメッセージ性が強く、ストーリーをいくらでも掘り下げることができる」など、ストーリーの重厚さに魅力を感じたファンが多く見受けられました。

 本作では、それぞれ違った「魔法」=個性を持つ家族が、相手を思うがゆえにぶつかり苦悩する、家族ならではのすれ違いや愛の形が描かれます。そのため、親や子ども、祖父母など、作品を観る人の立場によって見え方が異なりそうな作品であり、それこそが『ミラベルと魔法だらけの家』の魅力につながっているのかもしれません。

●『ノートルダムの鐘』

ディズニーファンにはたまらない! 『ノートルダムの鐘』MovieNEX アウターケース付き[期間限定] (C)2022 Disney
ディズニーファンにはたまらない! 『ノートルダムの鐘』MovieNEX アウターケース付き[期間限定] (C)2022 Disney

 1996年に製作された『ノートルダムの鐘』は、フランスの作家であるヴィクトル・ユゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』が原作です。醜い姿でありながらも優しい心持つ少年カジモドが、恋や友情を知りながら育ての親で悪徳判事のフロローに立ち向かっていく物語となっています。醜い見た目で孤独なカジモドと権力者であるフロローを通じて「誰が怪物で、誰が人間か?」と問いかけてくるディズニー作品では珍しい、シリアスで重厚なストーリーが魅力です。

 そして本作品において特筆すべきは、劇中に流れる音楽の素晴らしさでしょう。音楽を担当したのは『美女と野獣』や『リトルマーメイド』など、数々のディズニー作品で名曲を生み出したアラン・メンケンさんです。外の世界に憧れるカジモドが歌うナンバー「僕の願い(Out There)」や、エスメラルダが自分の悲しい生き方について歌う「ゴッド・ヘルプ(God Help The Outcasts)」など、多くの名曲が存在します。

 ほかにも、石丸幹二さんなど公開当時の劇団四季在籍メンバーが吹き替えを担当しており、日本語吹き替え版では「歌唱力、演技ともにトップレベル」などと高い支持を得ている作品です。

 SNS上では、『ノートルダムの鐘』について「観た人を後悔させない音楽!ディズニー屈指の作品だと思う」「言葉を超えた音楽の魅力を感じられる」などと高く評価する声が聞かれました。

【画像】今を逃したら一生無理? 作品の垣根を越えてコラボしたディズニーキャラたち(8枚)

画像ギャラリー

1 2