マグミクス | manga * anime * game

たまに噂になるオダギリジョーの「クウガ黒歴史説」は本当? 本人が語った真実

俳優のオダギリジョーさんは出世作『仮面ライダークウガ』を黒歴史(なかったこと)にしている、という噂を耳にしたことはないでしょうか? そんな噂に対し、ご本人が語った真相とは……?

「黒歴史」ではないけれど? 正直過ぎるオダギリさんの本音

「仮面ライダークウガ 新春スペシャル」DVD(東映ビデオ)
「仮面ライダークウガ 新春スペシャル」DVD(東映ビデオ)

 2023年2月頃に放映された、キャッシュレス決済システム「Airペイ」のCMが特撮ファンの間で大きな話題を集めました。何せオダギリジョーさんと藤岡弘、さんが、親しげに電話で「OB会をやろう」などど会話しているのです。世代を超えた『仮面ライダー』の本郷猛と『仮面ライダークウガ』の五代雄介による「先輩後輩」共演ということで、ネットがにわかに盛り上がったのは記憶に新しいのではないでしょうか。

 一方「オダギリジョーって『クウガ』黒歴史じゃなかったんだ」といった、ネットの投稿も少なからずあったのも事実です。そういえば随分と昔、そのような噂が立ったこともありました。どうやら現在に至るまで、この噂は結構な範囲で浸透してしまっているようなのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 結論から先に言ってしまえば、少なくとも2015年時点でオダギリさんご本人の口から『クウガ』黒歴史説は否定されています。そこに至る経緯について順を追ってみましょう。

 まずこの『クウガ』黒歴史説の根拠となったのが、(当時の)オダギリさんの所属事務所公式プロフィールに『仮面ライダークウガ』出演の記載がなかった、ということです。俳優としてのキャリアを着実に積み重ねているなかで、『クウガ』主演はなかったことにしたいのでは? というファンの邪推がこのような噂を生んでしまったのでしょうか。

 これに関して、2015年10月30日に調布FMで放送された「高寺成紀の怪獣ラジオ」に出演したオダギリさんは、『クウガ』プロデューサーの高寺成紀さんと会話のなかで改めてこの『黒歴史』説を否定しています。

 根拠とされていた「プロフィール無記載」に関しても、「クウガを載せるんだったら他に載せないといけないものがたくさんある」と事情を説明した上で、「載せていない=隠したい」という憶測が生まれたのだと推測していました。

 また「『クウガ』でデビューしたんだから載せないのはおかしい」という声もあったそうですが、そもそもオダギリジョーさんの俳優デビュー作は『クウガ』ではありません。平成の『仮面ライダー』が若手俳優の登竜門になって以降、遡行的にオダギリさんにもそのイメージを重ねてしまった人がいた、と考えるのが妥当でしょうか。

 一方で、オダギリさんが「特撮ヒーロー」に今も全く関心がないことも事実です。彼の目指すべき役者のイメージは、間違っても「変身して戦うヒーロー」ではありませんでした。このこと自体は他メディアの取材でも公言しており、それが「黒歴史説」に拍車をかけました。

 ちなみに、若かりしオダギリさんは『仮面ライダークウガ』のオーディション時、落ちようと必死に奇天烈な受け答えをしていたのですが、これが運命のいたずらとなります。すでにでき上がっていた「五代雄介」のキャラクターと、その受け答えがことごとく符号してしまったのです。オダギリさんは改めて「『クウガ』をやるべくした運命を持っていた」と振り返ったのでした。

 現在、オダギリジョーさんの公式プロフィールには、しっかりと『仮面ライダークウガ』の記載があります。

(片野)

1 2