マグミクス | manga * anime * game

福岡、長崎、佐賀… 声優によるかわいい「九州弁」に癒やされるアニメ3選

どやんす!?ゾンビたちが佐賀の街でアイドル活動!『ゾンビランドサガ』

●『ゾンビランドサガ』

『ゾンビランドサガ』 (C)ゾンビランドサガ製作委員会
『ゾンビランドサガ』 (C)ゾンビランドサガ製作委員会

 最後は、ゾンビ×アイドルという異例の組み合わせと佐賀弁に注目の『ゾンビランドサガ』。MAPPA、エイベックス・ピクチャーズ、Cygamesの共同企画作品として制作されたオリジナルアニメです。2018年10月~12月に第1期が放送され、第2期の制作も決定しています。

 本作品は、アイドル志望の女の子・源さくら(みなもと・さくら/CV:本渡楓)が、開始1分ほどでトラックに跳ねられ死亡するところから始まります。さくらが次に目を覚ますとなぜか見知らぬ洋館にいて、なぜそこにいるのかも、自分が誰なのかも分かりません。そんな中で、突然現れた謎の男性・巽幸太郎(たつみ・こうたろう/宮野真守)に「俺はおまえをアイドルにする男だ」と告げられて――。ここからさくらは、ゾンビ仲間とともに佐賀を救うアイドルとして活動することになるのでした。

「どやんす!?」と慌てふためく姿が印象的な唐津弁のさくらのほか、佐賀弁の元暴走族特攻隊長・二階堂サキ(にかいどう・さき/CV:田野アサミ)などさまざまな方言キャラが登場します。第5話「君の心にナイスバード SAGA」では、佐賀県伊万里市に本店を構える鳥料理専門店「ドライブイン鳥」の社長も声優にチャレンジ! さらに方言だけでなく、洋館のモデルとなった「旧三菱合資会社唐津支店本館」やライブ会場「唐津市ふるさと会館アルピノ」など、実際の佐賀の街とリンクしているところも魅力です。

* * *

 以上、「かわいい九州弁に癒されるアニメ」を3つご紹介しました。どのアニメもただ方言が可愛いだけではなく、その話し方とキャラクターの持ち味がピタッと合っているのがすごいところ。方言の良さをこれでもかってくらいに引き出しています。九州にゆかりがある人も、九州弁が好きな人も、ぜひアニメで九州弁に癒されてみては?

(月乃雫)

1 2 3