マグミクス | manga * anime * game

「ジャンプ」作品の戦うヒロイン3選 かわいくて強い!

「ヒロイン」と聞くと、主人公に助けられるか弱い女子を想像する方もいるかもしれません。しかし「ジャンプ」作品には、『鬼滅の刃』竈門禰豆子(かまど・ねずこ)のように、かわいいうえに強いヒロインもいます。主人公に負けず劣らず輝く、かわいくて強いヒロインを、ジャンプの3作品からひとりずつご紹介します。

かわいさ・強さのダブルパンチ! 大活躍の「ジャンプ」ヒロイン

『鬼滅の刃』Blu-ray/DVD Vol.3  (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『鬼滅の刃』Blu-ray/DVD Vol.3  (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 主人公をはじめとした少年たちが活躍する「週刊少年ジャンプ」作品ですが、近年では『鬼滅の刃』竈門禰豆子(かまど・ねずこ)のように、強いヒロインも目立ちます。かわいいうえに強く、時には主人公よりも活躍する、「ジャンプ」作品の戦うヒロインをアニメ化された3作品からご紹介します。SNSでも「自分を持ってて強い」「かわいくてありがとう(?)」と評判です。

●『D.Gray-man』リナリー・リー

著:星野桂『D.Gray-man』第22巻(集英社)
著:星野桂『D.Gray-man』第22巻(集英社)

『D.Gray-man』は、同名マンガ(著:星野桂/集英社)を原作としたアニメです。ヒロインであるリナリー・リー(CV:伊藤静)は、主人公のアレン・ウォーカー(CV:小林沙苗)が所属する「黒の教団」の同僚。敵であるAKUMA(アクマ)を倒すため、数少ない女性“エクソシスト”として、強力な蹴り技を活かしつつ戦います。TVアニメは2006年に第一作が放送開始。2016年にキャストを一新し、『D.Gray-man HALLOW』として、第二作が放送されました。(※本稿の担当声優は第一作のものです)

【作品のあらすじ】
 舞台は仮想19世紀末のヨーロッパ。世界を終わらせようとたくらむ千年伯爵(CV:滝口順平)は、機械・魂・悲劇を材料に、悪性兵器・AKUMA(アクマ)を造り上げました。そのAKUMA(アクマ)を破壊できるのは、神の結晶・イノセンスに選ばれた“エクソシスト”たちだけ。アレンやリナリーをはじめとしたエクソシストたちは、黒の教団に所属し、イノセンスを武器に千年伯爵へと立ち向かうのでした。

 リナリーは数少ない女性エクソシストとして活躍しており、黒の教団室長であるコムイ・リー(CV:小西克幸)の妹でもあります。その美貌と優しさから教団のアイドル的存在となっており、兄のコムイにも溺愛されています。武器は、美脚に映える「黒い靴(ダークブーツ)」。月をバックに華麗に宙返りするシーンは、その美しさが目に焼き付いている方も多いのではないでしょうか。芯が強いリナリーは仲間を想うあまり、自分を犠牲にしようとしたアレンを平手打ちすることも。その心の強さは、同僚の神田ユウ(かんだ・ゆう/CV:櫻井孝宏)にも「お前は強い女だと思うがな」と言われるほどです。この作品は、「dアニメストア」「U-NEXT」「バンダイチャンネル」などで見ることができます。

●『僕のヒーローアカデミア』麗日お茶子

2019年公開『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ヒーローズ:ライジング』 (C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会
2019年公開『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ヒーローズ:ライジング』 (C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会

『僕のヒーローアカデミア』は、同名マンガ(著:堀越耕平/集英社)を原作としたアニメです。ヒロインの麗日お茶子(うららか・おちゃこ/CV:佐倉綾音)は、主人公である緑谷出久(みどりや・いずく/CV:山下大輝)の同級生。「ヒーロー科」のある雄英高校の生徒で、個性・無重力(ゼログラビティ)を駆使して縦横無尽に戦います。

【作品のあらすじ】
 火を操る、巨大化するといった超常能力「個性」を、人類の約8割が持つ世界。その「個性」を悪用する「ヴィラン」を取り締まるため、個性を活かして戦う「ヒーロー」が、職業として確立されていました。出久はそんなヒーローに憧れ、名門・雄英高校ヒーロー科を目指していましたが、実は個性を持っていません。ヒーローになる夢を諦めずにいたある日、出久は強盗のヴィランに襲われてしまいます。そこに現れたのは、人気NO.1かつ憧れのヒーロー・オールマイト(CV:三宅健太)で――?

 お茶子は、触れたものを一時的に無重力状態にできる個性を駆使し、プロヒーローを目指します。明るく元気な性格と端々に出る三重弁がかわいらしく、気さくで親しみやすいお茶子はクラスメイトにも人気。そんなお茶子がヒーローを目指す理由は「両親に楽をさせるため」。親思いなだけでなく、入試実技でも3位と、しっかり好成績を残しています。だんだんと出久への気持ちに気付いていくのも、お茶子のかわいいところです。その反面、入試実技で1位だった爆豪勝己(ばくごう・かつき/CV:岡本信彦)との対戦では、爆豪に「どこがか弱ぇんだよ」と言わせるほどの粘り強さを見せました。かわいさのなかにガッツを隠し持つ、芯の通ったヒロインです。この作品は、「dアニメストア」「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」などで見ることができます。

●『BLEACH』朽木ルキア

著:久保帯人『BLEACH』電子版第2巻(集英社)
著:久保帯人『BLEACH』電子版第2巻(集英社)

『BLEACH』は、同名マンガ(著:久保帯人/集英社)を原作としたアニメです。ヒロインの朽木ルキア(くちき・るきあ/CV:折笠富美子)は、主人公である黒崎一護(くろさき・いちご/CV:森田成一)の住む空座町を担当する死神です。当初、死神としては平の隊員だったルキアですが、霊術である“鬼道”の実力は高く、実は席官レベルの実力を秘めています。

【作品のあらすじ】
 高校1年生の黒崎一護は、生まれつき幽霊が見える能力を持っています。日常的に心霊現象のトラブルに巻き込まれる一護はある日、街中で暴れまわる化け物に襲われます。一護のピンチを救ったのは、黒装束を着た死神・ルキアでした。「(化け物の)全ての狙いは貴様だ」とルキアに知らされた一護は、家族を襲われた怒りから「俺とサシで勝負しろ!」と化け物に丸腰で飛び出してーー?

 ルキアは霊会・尸魂界(ソウル・ソサエティ)の治安維持機関である護廷十三隊に所属しており、一護とはルキアが担当していた空座町で出会いました。大きな瞳と凛とした表情が特徴的なルキアは、男勝りで気が強い性格です。その一方で、常に仲間を思う優しさも持ち合わせています。普段は冷静ですが、一護を茶化したりヘタウマな絵で図解を始めたりと、お茶目な一面も。とある理由から平隊員だったルキアですが、実は上級鬼道を使いこなす実力を持っています。尸魂界で最も美しい斬魄刀・袖白雪(そでのしらゆき)を使いこなすルキアですが、その能力を開放する卍解(ばんかい)の姿は、アニメでは未放送です。放送が予定されている最終章「千年血戦篇」では、ルキアの美しい卍解シーンが見られるかもしれません。この作品は、「dアニメストア」「Netflix」「U-NEXT」などで見ることができます。

* * *

 一見相反する「かわいさ」と「強さ」を兼ね備えたヒロインたち。そのギャップある魅力に、上記の3人は各作品でも人気のキャラクターとなっています。これからの「ジャンプ」作品にとって、かわいくて強いヒロインは欠かせない存在になっていくかもしれませんね。

※配信状況は記事掲載時点のものです。
※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記

(新美友那)

【画像】最強では?アニメ界の強すぎヒロイン

画像ギャラリー