マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』隊士たちのファッション5選 プラスαのオシャレに隠れた理由

『鬼滅の刃』には、おしゃれさんがいっぱい! 派手が身上の音柱・宇髄天元の派手ファッションはもとより、ほかの柱や一般隊士たちもこだわりの着こなしやプラスαのオシャレを楽しんでいるんです。そんなオシャレな柱&隊士たち5人のファッションをご紹介します。

計算された派手ファッションといえば…?

『鬼滅の刃 遊郭編』ティザービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
『鬼滅の刃 遊郭編』ティザービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 2021年のTV放送が発表されているTVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』。情報がジワジワと解禁され、否が応にも期待度が上がります。

『遊郭編』で派手に暴れまくる音柱・宇髄天元(うずい・てんげん)は、ファッションも言動もとにかく派手で、うっとり見惚れてしまう人も多いのではないでしょうか? ですが、ほかの柱や一般隊士たちも負けてはいません! 日々、命がけで鬼と戦う鬼殺隊の隊士たちですが、隊服の着こなしやプラスαしたオシャレを楽しんでいる人は意外と多いのです。

 この記事では、鬼殺隊のなかから5人のファッションのこだわりをご紹介します。

※この記事では、まだアニメ化されていないシーンの記載があります。原作マンガを未読の方はご注意ください。

●派手にキメる! 音柱・宇髄天元のファッション

『遊郭編』で大活躍する宇髄天元は、身長198cm、体重95kgと、長身なうえ素晴らしい筋肉の持ち主で、それだけでも十分、見栄えのするナイスガイです。

 天元の額を飾る額当てには、大ぶりな宝石が大胆に配され輝きを放っています。さらに左右に垂れた宝石が光を乱反射。キラキラ、シャラシャラとエレガントなテイストをプラスしています。左目の周りにほどこされた化粧も、ただやみくもに派手なのではなく、ミステリアスな魅力を引き出しています。もちろん、ノースリーブの隊服から出たモリモリの筋肉も、素敵なアクセサリーのひとつと言えるでしょう。

 遊郭で見せる髪を下した着流し姿は、美しい人を見慣れているはずの遊郭の女性たちもうっとりさせるほどの優男ぶりですが、本人は地味だからと好きではないようです。

●大きさには意味がある! 霞柱・時透無一郎のファッション

 最終選考を通過し、鬼殺隊に入隊すると隊服が支給されます。特別な繊維で仕立てられているため、通気性が良く、濡れにくく、燃えにくいうえに、下級の鬼の攻撃に耐えられる強度を備えた隊服です。基本的には全員がそろいのデザインですが、一部、自己流のアレンジや作り手による勝手なアレンジが加えられている隊服もあるようです。

 霞柱・時透無一郎(ときとう・むいちろう)の隊服は、明らかにブカブカで体に合っていません。若くして柱になった無一郎への嫌がらせ? 誰かのを借りた? いいえ。無一郎の隊服がブカブカなのには、彼ならではの理由があるのです。

 無一郎の隊服は、まず袖口やズボンのすそが広がってヒラヒラしています。一見、動きにくそうですが、ブカブカなフォルムのおかげで手の長さや向きなど体のラインが相手に分かりにくくなり、次の動作を敵に悟られづらくすることができるのです。

 つまり無一郎の隊服は、剣の達人ならではの仕立てというわけです。 

●かわいいから許しちゃう! 恋柱・甘露寺蜜璃のファッション

 恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)の隊服を作ったのは、鬼殺隊服縫製係の隠・前田まさおで、女性隊員の隊服の露出度を上げるスケベなやつです。胸がはじけ、超ミニスカートという蜜璃の隊服姿を初めて見た炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)には、「あられもないな」とハッキリ言われてしまうほどでした。

 それでもこの隊服がいやらしく見えないのは、生き生きとした蜜璃の表情や行動によるところが大きいでしょう。桜餅を食べすぎたせいでなったというポップな髪色も相まって、元気いっぱいな、かわいらしい印象です。

 ちなみに、この前田は、しのぶにも露出度の高い隊服を渡したところ、目の前で油をかけて燃やされるという怖い目にあっています。

大切な人の形見を取り入れた唯一無二のファッション

著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第5巻(集英社)
著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第5巻(集英社)

●大切な人の形見 水柱・冨岡義勇のファッション

 水柱・冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)は、隊服の上に左右違う柄の羽織を着ています。本来、「片身替わり(かたみがわり)」と呼ばれるものですが、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)が名づけた「半々羽織り(はんはんばおり)」という呼び方の方が、『鬼滅』ファンにはなじみ深いでしょう。

 右半分のぶどう色の無地の生地は、義勇をかばって鬼に殺された姉の蔦子(つたこ)の着物の生地です。蔦子が亡くなったのは祝言の前夜でした。 自分だけが生き延びた申し訳なさ、何もできなかったふがいなさに打ちのめされた義勇は、姉への想いを胸に鬼殺隊に入ったのです。

 義勇の羽織の左半分は、緑とオレンジの柄が入った明るい色の生地で、これは共に修行した大親友の錆兎(さびと)が着ていたのと同じ柄でした。錆兎と義勇は、一緒に最終選別に参加しましたが、義勇が開始早々に負傷し、気を失っている間に、錆兎はほとんどの鬼をひとりで殺し、義勇らを守ってくれたのです。しかし、その錆兎も鬼に殺されてしまい、目を覚ました義勇は自責の念にかられました。

 姉と親友、大切な人の形見であり、彼らへの思いを義勇は背負って、この半々羽織りを着ているのです。

●育ての母と産みの母… 嘴平伊之助のファッション

 炭治郎と同期の隊士、嘴平伊之助は、わけあって母に捨てられ、猪に育てられました。伊之助がいつもかぶっているのは、育ての母である猪の皮です。産みの母そっくりの端正な顔立ちを、はからずも育ての母で隠しているというのは切なくも不思議なものです……。

* * *

『鬼滅の刃』には、思わずファッションチェックしたくなるキャラが他にもいますね。隊服の上に羽織ったマントが素敵な炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)、数珠がトレードマークの岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじま・ぎょうめい)、そして、大胆に胸元をはだけさせている風柱・不死川実弥(しなずがわ・さねみ)……。誰のファッションがお好みですか?

(山田晃子)

【画像】柱デザインも!足元から派手に鬼滅ファッション(12枚)

画像ギャラリー